TOP > ネタ・話題 > 「この時代に、魔術を実践する者」バンギ・アブドゥルINTERVEW | TABI LABO

「この時代に、魔術を実践する者」バンギ・アブドゥルINTERVEW | TABI LABO

12コメント 2019-09-09 00:32 | TABI LABOキャッシュ

現代魔術を実践する「東京リチュアル」主催の磐樹炙弦(バンギ・アブドゥル)氏に「魔術とは?」「魔術の効果とは?」「魔術とテクノロジーの関係とは?」についてインタビュー。...

ツイッターのコメント(12)

これもあれしとく:
"「魔術」を否定することは
「科学」を否定することと同意である"
本当に興味深い記事である。

底の抜けた事実を無害化する技術としての「現代魔術」
科学で立証できること“以外”を信じるべき理由は?という問いへの答えが「重要なのは、その物語が魅力的かどうか、物語が役に立ってるかどうか、なんですよ。」というのがなんとも素敵。面白かった。
「この時代に、魔術を実践する者」バンギ・アブドゥルINTERVEW | LABO
面白かったです。夢ターネット。
>事実に対する認知は自分で変えることができて、常に自分に都合のいい認知、あるいは自分の意志や内的倫理に沿った認知に切り替えていく技術こそが現代魔術であり、そのために必要な認知の柔らかさを得るストレッチ技術が「現代魔術」ともいえます。
こういうの良い。オカルト小説書きたい。→「丑の刻参りをやっている最中に上司が交通事故で死んだとしたら、本人のなかでは「丑の刻参りをやったら相手が死んでしまった」という事実だけが残るわけです。これを引き受けていくのは、結構辛いことですよ」
Q 「カルトとオカルトの境目はどこに」?
 ↓
「科学偏重の態度が人間の幸せを破壊するのであれば、それは科学本来の目的ではないし、人間が美や癒しを必要だと求めているときは、それを無下に否定する必要はない。

重要なのは、その物語が魅力的かどうか、物語が役に立ってるかどうか、なんですよ。」
すべてのテクノロジーは
「魔術的発想」を具現化したものである。
「現代魔術」の実践者「バンギ・アブドゥル」インタビュー | LABO
フローティングタンク系かぁ / “「現代魔術」の実践者「バンギ・アブドゥル」インタビュー | LABO”
以上
 

いま話題のニュース

PR