TOP > 政治・経済 > 「公安テロ情報流出事件」裁判――警察はあらゆる個人情報を自由に集められるのか / 井桁大介 / 弁護士 | SYNODOS -シノドス-

「公安テロ情報流出事件」裁判――警察はあらゆる個人情報を自由に集められるのか / 井桁大介 / 弁護士 | SYNODOS -シノドス-

26コメント 登録日時:2014-03-27 08:24 | SYNODOS(シノドス)キャッシュ

シノドスは、ニュースサイトの運営、電子マガジンの配信、各種イベントの開催、出版活動や取材・研究活動、メディア・コンテンツ制作などを通じ、専門知に裏打ちされた言論を発信しています。気鋭の論者たちによる寄稿。研究者たちによる対話。第一線で活躍する起業家・活動家とのコラボレーション。政策を打ち出した政治家へのインタビュー。さまざまな当事者への取材。...

ツイッターのコメント(26)

@nauchan0626 これは公安マターですが、この国の公権力はホントにえげつないですからね。
法律ができたらこんなことは日常茶飯事。プロファイリングされた集団はテロ予備軍とされてしまう>
集英社新書【スノーデン 日本への警告】共著者のひとり、井桁大介弁護士による論考。【SYNODOS】「公安テロ情報流出事件」裁判――警察はあらゆる個人情報を自由に集められるのか
>知らないうちに自分の働くモスクにテロ関係者が立ち寄っただけで『容疑』をかけられてはたまりません。しかもこの情報は、伝聞に伝聞を重ねたものとして資料に記録されており、本当にそのモスクにテロ関係者が立ち寄ったのかもわからないのです。
公安に調査された人の『容疑』欄には、「テロ関係者が立ち寄ったモスクのコックだった」「テロ関係者が立ち寄ったモスクの警備員だった」などと、しかも伝聞に伝聞を重ねただけのものが並ぶ。

「公安テロ情報流出事件」
2014/3/27「公安テロ情報流出事件」裁判――警察はあらゆる個人情報を自由に集められるのか/井桁大介/ "今回のような日本に居住するムスリム全員に対する事細かな個人情報の収集という執拗とも言うべき捜査をする必要があるのか"
「国連は、今回のような捜査手法を「テロリスト・プロファイリング」と定義づけ、このような捜査は以下の点から違法であると結論(P4)」|「公安テロ情報流出事件」裁判――警察はあらゆる個人情報を自由に集められるのか/井桁大介 /
日本の「テロ対策」の軌跡。2010年に起きた公安内部資料流出で、在日ムスリムの個人情報が蒐集されていたことが明らかに
イスラム国が話題だから貼っときます。イスラム教徒の別視点からの話。色んな視点に気を配りたいです。皆も教えて下さい。
外事三課がいかに無能であるかを正確に説明した記事。そもsも、流出したのは「テロ情報」ではなかったし、外三はテロ情報など持っていなかった:「公安テロ情報流出事件」裁判――警察はあらゆる個人情報を自由に集められるのか/井桁大介 /
公安は諜報ごっこしてるみたいだし、裁判所はそれを止めるつもりがない。 / “「公安テロ情報流出事件」裁判――警察はあらゆる「個人情報」を自由に集められるのか | -シノドス-”
SnowdenやらNSAやらというご時勢になんかのどかなタイトル。日本ではあまりホットなトピックじゃないのかな
日本にいるムスリムをテロリストと決めつけて内偵していた公安警察に対する裁判闘争(国賠訴訟)についての解説記事を読んでる。

「公安テロ情報流出事件」裁判――警察はあらゆる個人情報を自由に集められるのか
井桁大介 /
“「公安テロ情報流出事件」裁判――警察はあらゆる「個人情報」を自由に集められるのか | -シノドス-”
初期の肖像権裁判や指紋押捺制裁判の意義を再確認する必要を切実に感じさせてくれる有意義な論考だと思います。"@synodos: 【SYNODOS】「公安テロ情報流出事件」裁判/井桁大介 / "
情報機関の発想でいえば、「テロリストの容疑をもたれている人を乗せたタクシー」は明らかにテロリスト扱いすべき対象なんですよ。 ただ、刑事警察ではそれはありえない。だから、逮捕はできない。
国が差別の基を提供しているのか。これでもし日本でテロが起こったらどういう扱いを受けるか、想像すると恐ろしい。
秘密保護法が施行になれば、まったく無問題(爆) >
「公安テロ情報流出事件」裁判――警察はあらゆる「個人情報」を自由に集められるのか | -シノドス-
情報を流出させた失態とそれによる個人が受けた不利益に対する責任は当然問われるべきだろうが、情報収集そのものを否定するのは難しいな。/
「公安テロ情報流出事件」裁判――警察はあらゆる個人情報を自由に集められるのか |
これベラボー過ぎるんですけどっ!!
@kazserizawa: こんなにひどいのか!【SYNODOS】「公安テロ情報流出事件」裁判――警察はあらゆる「個人情報」を自由に集められるのか/井桁大介 /
もっと多くの人がこのことに関心を持とう。
>社会生活で、大きなハンデになってしまう――テロ関係者として個人情報が流出したムスリムは皆、そういった懸念を感じざるを得ない状況に追い込まれていきました。【SYNODOS】「公安テロ情報流出事件」裁判/井桁大介
勉強になる
【SYNODOS】「公安テロ情報流出事件」裁判――警察はあらゆる「個人情報」を自由に集められるのか/井桁大介 /
「NGO・NPO50団体が監視対象とされていたとまとめられています。その中には、JICAや国境なき医師団などが含まれています」公安調査庁が消費者団体などを調査対象にしていた事を思い出す。恐らく児ポ法改定反対派も睨まれているのでは。
以上

記事本文: 「公安テロ情報流出事件」裁判――警察はあらゆる個人情報を自由に集められるのか / 井桁大介 / 弁護士 | SYNODOS -シノドス-

関連記事