TOP > 政治・経済 > ひきこもりと犯罪 / 井出草平 / 社会学 | SYNODOS -シノドス-

ひきこもりと犯罪 / 井出草平 / 社会学 | SYNODOS -シノドス-

14コメント 登録日時:2019-07-22 08:08 | SYNODOS(シノドス)キャッシュ

シノドスは、ニュースサイトの運営、電子マガジンの配信、各種イベントの開催、出版活動や取材・研究活動、メディア・コンテンツ制作などを通じ、専門知に裏打ちされた言論を発信しています。気鋭の論者たちによる寄稿。研究者たちによる対話。第一線で活躍する起業家・活動家とのコラボレーション。政策を打ち出した政治家へのインタビュー。さまざまな当事者への取材。理性と信念のささやき声を拡大し、社会に届けるのがわたしたちの...

Twitterのコメント(14)

@hisakaz 記事にした方のフィルターがかかっていますが。。。
一応ご参考になれば。
引きこもりは普通の人間よりも犯罪性は低いと言われているが、ぶっちゃけた話それは引きこもりがただ単に家の外に出ないからであって、家庭内の暴力性に関しては遥かに高い数字を叩き出すという調査には納得。 / “ひきこもりと犯罪 / -シノドス-”
データは非常にわかりやすいです。→
どうなんでしょうね、親が他界して経済的に立ちゆかなくなった時どうなるんでしょうか?
そうだよね、統計的には「引きこもりが犯罪を起こす確率」は「引きこもりじゃない人が犯罪を起こす確率」より低い。
短絡的に「引きこもり=危険」っていうのは間違ってる。
@yokotaro ひきこもりの犯罪云々とVTなどでは散々報道しますが、実は本当に少ないんですよね。このコントラストを濃くする要因・・・支配者にとっては都合の良い材料です。
"ひきこもりの中に5%ほど暴力性があるグループがいて、家庭内暴力はあるかもしれないが、それが家庭の外に出て犯罪に結びつくことはなく、あったとしても非常に稀"

"ひきこもり状態では、憎しみで殺してしまうほど強い関係を他者と結ぶ機会がほとんどないのだろう"
ふむふむ。シノドスという媒体でなければ応援したくなる記事だと思う。福島の件でシノドスも分断・対立を煽った側(メディア)なので。💦
これは。犯罪加害者の自閉症の診断は正しくなされているのでしょうか。酒鬼薔薇などは冤罪と聞くこともありますが(確かに筆跡違うしね)。
「ひきこもり率が1.78%である一方で、ひきこもりが関わった殺人事件の率が0.0018%である」→『ひきこもりの犯罪は稀である』
報道バイアスを取り去った上で考察を深めた貴重な記事でした。
お、井出草平さんの記事だ。あとで読む。

ひきこもりと犯罪 / -シノドス-
“ひきこもり率が1.78%である一方で、ひきこもりが関わった殺人事件の率が0.0018%である。つまり、ひきこもりは一般人口に比べて、非常に殺人事件を起こしていない” / “ひきこもりと犯罪 / -シノドス-”
一般人の犯行には被害者絡みの動機があることが多い。

一方引きこもりの犯罪は動機が稚拙で通り魔が多い。被害者になんの落ち度もない。嫌悪感が募るのは当然だ

ひきこもりと犯罪
以上

記事本文: ひきこもりと犯罪 / 井出草平 / 社会学 | SYNODOS -シノドス-

関連記事