TOP > 政治・経済 > 自粛反対論と「戦士」の黄昏 / 山口浩 / 経営学 | SYNODOS -シノドス-

自粛反対論と「戦士」の黄昏 / 山口浩 / 経営学 | SYNODOS -シノドス-

10コメント 登録日時:2019-05-27 08:32 | SYNODOS(シノドス)キャッシュ

シノドスは、ニュースサイトの運営、電子マガジンの配信、各種イベントの開催、出版活動や取材・研究活動、メディア・コンテンツ制作などを通じ、専門知に裏打ちされた言論を発信しています。気鋭の論者たちによる寄稿。研究者たちによる対話。第一線で活躍する起業家・活動家とのコラボレーション。政策を打ち出した政治家へのインタビュー。さまざまな当事者への取材。理性と信念のささやき声を拡大し、社会に届けるのがわた...

Twitterのコメント(10)

“さまざまな「弱者」に「憑依」した強者たちがどちらがより「弱者」なのかを競い合うという、まさに現代社会の言論空間の重要な一部であるソーシャルメディア上で日々展開されている状況だ”
「わかる」ってなった方はこれも読むと良いと思います

-
まなざしって言葉が女性を性的な目で見ることに使われているってのは、今知ったなぁ。そして、なぜか方向が二次元規制に言ってることも…
長いが良い文章
2ページ目前半あたりの話は某白饅頭氏の言う「かわいそうランキング」というワードが思い起こされた
良い論考。必読!
ただ、倫理道徳規範と法規範では考え方を変えないと危険。
この論考はあくまで前者を想定したものであるべき。
長い。要するに… 弱者憑依は非難に関わる誰もがしており、どの弱者の立場に立つかの相違である。自分の見解を吟味するために他の様々な弱者的立場から同じ出来事や事件を想像してみよ、ということか。
「仲間ととらえた『弱者』に『憑依』するだけではなく、自分とは異なる立場や考え方をとる人たちの中にもいるはずの『弱者』にも『憑依』してみるとよいかもしれない」◆
ここ数ヶ月、報道とネットの間で噴出していた状況を極めて丁寧に分析している。
いつも長い長いといわれるが書いてるうちにいつにも増して長くなってしまった。→
む、なんか話が広がりすぎという感じもするけど。「戦士」を狩ろうとする戦士もいるし。>
以上

記事本文: 自粛反対論と「戦士」の黄昏 / 山口浩 / 経営学 | SYNODOS -シノドス-

関連記事