TOP > 政治・経済 > 逃げることさえ許されなかった――ハンセン病患者の沖縄戦 / 吉川由紀 / 沖縄国際大学非常勤講師 | SYNODOS -シノドス-

逃げることさえ許されなかった――ハンセン病患者の沖縄戦 / 吉川由紀 / 沖縄国際大学非常勤講師 | SYNODOS -シノドス-

シノドスは、ニュースサイトの運営、電子マガジンの配信、各種イベントの開催、出版活動や取材・研究活動、メディア・コンテンツ制作などを通じ、専門知に裏打ちされた言論を発信しています。気鋭の論者たちによる寄稿。研究者たちによる対話。第一線で活躍する起業家・活動家とのコラボレーション。政策を打ち出した政治家へのインタビュー。さまざまな当事者への取材。理性と...

ツイッターのコメント(36)

涙出るよ、ハンセン病のこと知らない人読んでみてね、差別とは何か考えさせられるね
《ハンセン病患者の沖縄戦を辿るとき、戦時体制が弱者の上にどのように構築され、どのように切り捨てられ殺されていくのか、凝縮された戦場の実態を見ることになります。また、ハンセン病をめぐる差別や偏見の歴史から、市民の加害責任を問われることにもなります》

過去記事
“交流会館のすぐそばには、美しい屋我地島の海も広がっています。同じ景色を何百人何千人の入所者が見つめ、生きて、死んでいったか、思い描いてみて下さい。”
ハンセン病について私は何も知らない。あの歌詞になった意味を少しでも理解出来るといいなぁ。大知識って大事。
備忘。
「逃げることさえ許されなかった――ハンセン病患者の沖縄戦」
@mitsuru_kuroda
大日本帝国でも同じような話がありますよ。
「しかし、想像を絶する差別社会がそこに確かにありました」…一昨年の記事。
>>
ハンセン病をめぐるこの国のあり方はしっかり見つめ直さなければならない。
証言を読み進めるのが、辛くなりますが、これも沖縄で起きていた事実。
地上戦の爪痕はここにもあった。
『逃げることさえ許されなかった―ハンセン病患者の沖縄戦』(SYNODOS)


ハンセン病は単なる病の問題ではない。近現代の日本の姿を映し出す鏡として、これほど重要なテーマはないと思う。
ハンセン病患者の沖縄戦


大日本帝国の考え方だな。
差別こわゎ。。。「国の恥」という言葉の響きがゾっとする。

逃げることさえ許されなかった――ハンセン病患者の沖縄戦
“第24師団の兵士は戦後、「一番先にぶつかった“敵”は、米軍ではなくて、沖縄のレプラ患者だった」(「北海タイムス」1964年5月3日)と語った” / / 沖縄…”
「ハンセン病患者が当時「国のために生きる」とは、療養所に隔離されそこで死んでいくことしかなかったのです」→/
「軍や政府・園当局は極限状態に陥るずっと前から、患者を守るつもりはなかったし、患者が飢えて死ぬことも構わなかった。自分たちが手をかけずに死んでくれればむしろ幸い、くらいの感覚でいたとしか思えない…」 / “逃げることさえ許されなか…”
【SYNODOS】逃げることさえ許されなかった――ハンセン病患者の沖縄戦 "(園長が言うには)ぼくは救ライに大きな功績を残した、なぜかというと、救ライということはライを撲滅させることだから、患者を一人でも多く殺すことは救ライに…"
「 『戦争があったほうがいい』と言わせるほどの差別社会を営んでいたのは、まぎれもなく一人一人の市民だった」 /
吉川由紀さん「逃げることさえ許されなかった――ハンセン病患者の沖縄戦」 圧倒的少数者であったハンセン病患者の沖縄戦を辿るとき、戦時体制が弱者の上にどのように構築され、どのように切り捨てられ殺されていくのか、凝縮された戦場の実態を見る…
【SYNODOS】逃げることさえ許されなかった――ハンセン病患者の沖縄戦 ( / 沖縄国際大学非常勤講師)

実に酷い。これはもはや「絶滅収容所」ではないか…。
知らなかった 壮絶。 →
"幾重にも複雑に交差する被害の諸相と、また別の角度から見えてくる加害の実態を、単純化せずに伝える努力が私たちには求められます" / / 沖縄国際大学非常勤講師…”
"そんな中で今一度、ハンセン病について振り返る・知るという行為が、何か、光明になるんじゃないかっていう思いがしています。 "
読んでほしい【逃げることさえ許されなかった――ハンセン病患者の沖縄戦】ー末梢神経が麻痺した患者にとって壕掘りは過酷な作業です。受傷に気づくのが遅れ、傷口が化膿して骨まで傷めたために、指や手足を早田によって切断される者もいましたー
逃げることさえ許されなかった――ハンセン病患者の沖縄戦/
「今回紹介した多くの入所者証言は、「なぜ今さら、思い出したくもないことを語らせるのか。語っても差別はなくならんよ」と証言を拒む方たちに、」
海軍のボート撃沈処分事件といい、闇が深すぎる…
この中で聞かれる軍人の判断ーあえて病院でありながらここに米軍の爆撃を集中させる…。それこそが日本の「経済効率」観だよね。
ハンセン病患者の沖縄戦 彼らの中にはあまりにも酷い差別のために戦争の方がよかったという者さえいる。患者がたくさん戦死したことで自らの「救らい」を喜ぶ園長など凄惨極まる記述に絶句。
沖縄戦時下における日本軍によるハンセン氏病患者の扱い。 /
ざっと目を通しただけなのだけど、予防法の記述は近代史の研究成果がまったく参照されてなくて、雑だな、としか。
読んだ ≫
"ハンセン病と近視と花柳病(性感染症)を「三大国辱病」"…ひどすぎる。 /
軍に強制収容させ、赤十字表示も許さず爆撃させ、飢死させ、園長は「任期中に何百名か殺した。金鵄勲章ものだ」と自慢と。絶句。/【SYNODOS】逃げることさえ許されなかった―ハンセン病患者の沖縄戦/
「戦時体制が弱者の上にどのように構築され、どのように切り捨てられ殺されていくのか」 /
日本における「収容所」社会。ナチスと対象が違っただけのように感じる。 /
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR