TOP > 政治・経済 > アスペルガー症候群の特性と犯罪――『アスペルガー症候群の難題』著者による解説 / 井出草平 / 社会学 | SYNODOS -シノドス-

アスペルガー症候群の特性と犯罪――『アスペルガー症候群の難題』著者による解説 / 井出草平 / 社会学 | SYNODOS -シノドス-

シノドスは、ニュースサイトの運営、電子マガジンの配信、各種イベントの開催、出版活動や取材・研究活動、メディア・コンテンツ制作などを通じ、専門知に裏打ちされた言論を発信しています。気鋭の論者たちによる寄稿。研究者たちによる対話。第一線で活躍する起業家・活動家とのコラボレーション。政策を打ち出した政治家へのインタビュー。さまざまな当事者への取材。...

ツイッターのコメント(36)

様々な事件の背景にある犯罪心理などにも共感性を活かした視点で理解している自分から見ても
発達障害ならではの問題も絡めて
考えたら下記の内容だけでなく辻褄が合う事だらけだし
以前も言った良性ではない
悪性の発達障害として人格障害にまで変異を遂げると手遅れになる
犯罪と、その原因について思考するひとつの方法を提示してくれていると感じた。
「臭いものに蓋をする」ことは現実逃避でしかなく、問題解決にはならない。
/ *

アスペ二次障害による
凶悪犯罪・・・二次障害
自閉症が殺人事件起こすとは意外だと思ったら、その一形態(?)であるアスペルガー症候群は結構殺ってるのね…〉
"発達障害と診断された犯罪者"に関心のある方、国内のアスペルガー症候群の人による事件のリスト(単なる羅列)ならこちらにあります
むかし、創作物中でサイコパス犯罪者の理由を幼少期のトラウマに持ってくの流行ったけど、今度はサイコパスの理由づけをアスペルガーにするのが流行るのかな〜。
アスペは多分犯罪率高いけどそうと断言するのは心苦しすぎるしどうしようかという、ポリコレマンの苦悩に溢れかえった超長文
個人個人の心の問題や壁というものをよく理解して
見てこなかったからこうなるんだよ。
それで、自分の生き方に沿っていこうとすると、
おかしく見られるか、修正される。
その結果、良い事どころか人との関わりで苦しむ。
理不尽すぎるだろ
半ば冗談半ば本気で、ここの「アスペルガー」を「男性性」に置換して読んで見る。
ほとんど破綻なく読めちまうようだ。
世間を騒がせた猟奇的な殺人事件の加害者にはアスペルガーと鑑定された人が少なくないようだ。ソースがシノドスだから信用度はお察しだけど。
佐世保女子高生殺害事件、
神戸連続児童殺傷事件(A少年・酒鬼薔薇聖斗(さかきばらせいと)事件)
加害者はアスペルガー症候群であることが診断されていた。

差別ではありません、皆様も目を通して下さると幸いです。
酒鬼薔薇聖斗に関してもう少し知りたい方はリンク先のページを読んでね☆
ディックのマイノリティレポートを連想する論旨だと思う。しかし知って理解しなければ問題解決の道も開かれない。
この記事どこまで信憑性あるのか知らんけどヤバイやろ
参照:
際どい話だけど、受刑者の扱いも違ってくるので。
とりあえず再掲。
今年になってからもこういう記事書いてるのか!あの書評つけられても。
非常に読み応えのある良記事。佐世保事件も酒鬼薔薇の事件も加害者は、アスペルガーだったのか。関連性の断定は出来ないが。
攻撃性がある障がいとの共生の難しさとどう対峙すばいいのか。
これ昨日えらい時間かけて読んだけど歯ごたえがありすぎて何も言えないのよね。とっかかりとしては気になるっていうか
「偏見の防止か、介入か」/差別や犯罪者予備軍という見方を広まる恐れと犯罪のメカニズムを明らかにして犯罪被害者を出ないことを天秤にかければ、後者の方が重要だと私は考えます / “アスペルガー症候群の特性と犯罪――『アスペルガー症候群…”
神戸児童殺傷事件をはじめアスペルガー症候群と診断された少年少女の犯罪。所謂アスペの人たちと社会が共生するために積極的な介入が必要と社会学的アプローチから説く。

アスペルガー症候群の特性と犯罪『アスペルガー症候群の難題』著者による解説
佐世保のはサイコパスだろ。診断は行った時期によっても変わるし、二次障害の結果の犯罪かもしれない。ゲーム脳と同じ類なのでは。 / “ / 社会…”
【SYNODOS】『アスペルガー症候群の難題』著者による解説/ あとで読む。
認定されずとも言動が奇異に感じられる人もいる。結果アスペかもしれないが、「アスペルガー症候群と犯罪というトピックを当人や親の問題として語るのではなく、社会にとっての課題として語り直していく作業が必要」 / “アスペルガー症候群の特…”
「アスペルガー症候群への差別や犯罪者予備軍という見方を広まる恐れと犯罪のメカニズムを明らかにして犯罪被害者を出ないことを天秤にかければ、後者の方が重要だと私は考えます。」 / “アスペルガー症候群の特性と犯罪――『アスペルガー症候…”
「非合理的な思い込みや主張を科学的合理性でひっくり返すというのは無理だと思います。」
3P目、必読だと思う 考え方の基盤が「一般」と違うから犯罪リスクが高いし、早期からの教育が必要と論じている
「科学では、宗教的信条・個人の価値観と科学的事実は分けるということが基本です。立場や信条によって、事実は歪めることはしてはいけない。」アスペルガー症候群の特性と犯罪――『アスペルガー症候群の難題』著者による解説/
あとで読む。メモ。> | SYNODOS -シノドス-
アスペルガー症候群の特性と犯罪ー『アスペルガー症候群の難題』著者による解説 - 事実(とされるもの)から 原因帰属への 飛躍が はげしい.なぜ 予防的介入が かれらに 非対称的に なされるべきなのか.井出さんでさえ,なのだ.
『アスペルガー症候群の難題』著者… シノドス 【あちらを立てれば、こちらが立たず…特性と犯罪の関連性を精査するには、それをトピックとして取り上げる必要…しかし、そのことによって差別が生まれるかも…言論の沈黙が生まれています】
長いけど読んだ。長い…
以前の職場でアスペルガー症候群と思われる人がいた。その事を認識して接することで問題点の多くが氷解した。知らずに軋轢を生んだ人も多かったけど。まずは理解かな?
この主張は差別そのもの。暗澹たる気分にさせられるな。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR