TOP > 政治・経済 > 脱成長派は優し気な仮面を被ったトランピアンである――上野千鶴子氏の「移民論」と日本特殊性論の左派的転用 / 北田暁大 / 社会学 | SYNODOS -シノドス- | ページ 2

脱成長派は優し気な仮面を被ったトランピアンである――上野千鶴子氏の「移民論」と日本特殊性論の左派的転用 / 北田暁大 / 社会学 | SYNODOS -シノドス- | ページ 2

シノドスは、ニュースサイトの運営、電子マガジンの配信、各種イベントの開催、出版活動や取材・研究活動、メディア・コンテンツ制作などを通じ、専門知に裏打ちされた言論を発信しています。気鋭の論者たちによる寄...

ツイッターのコメント(26)

@RabbitByIemitu @ueno_wan 上野千鶴子は脱成長派かつ緊縮派ですけど。
@kmwt736 繰り返します。地球資源問題と日本経済の停滞は関係ありません。未来ではなく、現在の話をしています。あなたのような「脱成長派」がさも訳知り顔で、若者に穏やかな死を受け入れるよう迫ることがいかに暴力的なことか、ぜひわかっていただきたいと思います。
ちょっと前の記事だけどこれから社会はどうなっちゃうんだろうな。。
「一見やさしさを装った「脱成長」の仮面の下には、根拠なき大衆蔑視と、世界社会における日本の退潮を直視できない団塊インテリの日本信仰、多文化主義への不見識と意志の欠如、…」

くぅ〜ッ!ってなる。
なんかすごいな…。
どれだけ上野氏をはじめとした左派が「アベノミクス」を否定しようと、ここ数年の新卒就職率は高卒・大卒ともだいぶ改善されており、ご存知の通り大学院志願者は低減傾向にある。
明日最後まで読む
結局ね、この言葉に尽きると思うのよ。
『というか、そんなことは疑似問題なのだ。「人間お金だけじゃない」という人生訓は美しくはあるのだろうが、それは社会政策次元で社会学者がいうべきことではない』
上野や内田は実のところ新自由主義者であるまではいいと思うんだけどここでおかしくなってるかな。「上野氏のまごうことなきナショナリズム(括弧すら必要ない)は…トランプ大統領の社会政策、そして生活保守を馴致する新自由主義とほとんど差はない」
読みごたえ感。
やべえ、北田暁大せんせーにほぼ一語一句賛同したの、産まれて初めてだわwww

なんでこれだけのことを書けるのに、リベラル懇話会はあんなぐちゃぐちゃだったんだ???www
"「なんで「[子どもを]私が預かるわ」、「親同士で預け合いしよう」という話にならないのか」「目の前にある待ったなしのニーズをお互いにサポートして解決しようと考えずに、なんでも制度とサービスに行くんですね」"ってまじで言ってんのか…
“「清く貧しく」というのは「勝ち組」の余暇、娯楽にすぎない。高層マンションの生活に退屈した小金持ちの道楽だ。” / “脱成長派は優し気な仮面を被ったトランピアンである――上野千鶴子氏の「移民論」と日本特殊性論の左派的転用 / 北…”
フェミニスト界の樹木希林がバットで内田裕也をしばいてるよ!
北田暁大さんのこの論考は本当に良い。腰を落ち着けて読むべき。
---脱成長派は優し気な仮面を被ったトランピアンである
そうそう、重箱の隅ですけど、「至上命題」って言葉使っちゃうのはいかがなものかと。
何故か抜けるキャパの問題。いやはやキャパが無いんだから来てくださいとも言えない。
「上野氏が言う通り「福祉国家にはつねに潜在的に境界の管理が伴」う。しかしそれは当然のことながら、日本国籍を持つ親から生まれた者のみが経世済民の対象となるということを意味しない。」

持続可能な再配分を考える際の前提への問い。
おっ北田センセが上野・内田系の脱成長派をネオリベだと言い切って批判してる。あと安倍政権であっても経済政策は評価しましょうとか。社会学界隈で潮目読んでる人は方針転換してきてるっぽい / “脱成長派は優し気な仮面を被ったトランピアン…”
“ 「清く貧しく」というのは「勝ち組」の余暇、娯楽にすぎない。高層マンションの生活に退屈した小金持ちの道楽だ。 ” / “脱成長派は優し気な仮面を被ったトランピアンである――上野千鶴子氏の「移民論」と日本特殊性論の左派的転用 /…”
長いけども大事な議論。無意識的に保身する世代とは違い、うちらの世代の危機感を踏まえてますね。「清貧」に普通の人が耐えられないのは身を以て知りましたし、「清貧」してる人の多くが実は資産持ちなのも見てきたし。どうするか…
これが面白いなと思ったのは、北田暁大ほどの「勝ち組「にとっても、将来の不安は真に迫るものなのに、上野千鶴子の世代はそこと完全に断絶しているのだというところがはっきり読み取れるところ。それくらい、世代の乖離が深刻ということではないか。
北田暁大さんによる、正面からの上野千鶴子批判です。
「「人間お金だけじゃない」という人生訓は美しくはあるのだろうが、それは社会政策次元で社会学者がいうべきことではない…制度の公正性と経済的合理性を分けて考えること自体、社会学者の不遜というものではないか」
“「人間お金だけじゃない」という人生訓…社会政策次元で社会学者がいうべきことではない。企業の内部留保を問題化するのなら、なぜ留保が解けないのかを考えるのが政策…ご自身と同世代の富裕層の貯蓄や資産にも” / “脱成長派は優し気な仮…”
最初は良かったけど階級ガン無視して世代間格差なんて言い出すから話がこじれてる
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR