TOP > 政治・経済 > 繊細で微妙な「地位の差」を捉える / 『教室内カースト』著者、鈴木翔氏インタビュー | SYNODOS -シノドス-

繊細で微妙な「地位の差」を捉える / 『教室内カースト』著者、鈴木翔氏インタビュー | SYNODOS -シノドス-

32コメント 登録日時:2013-05-02 10:08 | SYNODOS(シノドス)キャッシュ

シノドスは、ニュースサイトの運営、電子マガジンの配信、各種イベントの開催、出版活動や取材・研究活動、メディア・コンテンツ制作などを通じ、専門知に裏打ちされた言論を発信しています。気鋭の論者たちによる寄稿。研究者たちによる対話。第一線で活躍する起業家・活動家とのコラボレーション。政策を打ち出した政治家へのインタビュー。さまざまな当事者への取材。理性と信念のささやき...

Twitterのコメント(32)

「結局、本人が「いじめられている」と認識するかどうか」という認識はものすごい後退だと思うのだけどいじめ研究の専門家はどう考えているのだろうか?
@synodos: 【著者インタビュー】繊細で微妙な「地位の差」を捉える/『教室内カースト』著者・鈴木翔氏インタビュー ”
あぁ、「教室内カースト」という新書が出てたのか。
/ 『スクールカースト』著者、鈴木翔氏インタビュー
:これは面白いだろう――社会人になってもこういう関係の再生産が検出し得ると思う。かなり応用の幅のある問題意識であると思う。
繊細で微妙な「地位の差」を捉える   「容姿」が「地位」を左右するのって実は「江戸回帰(江戸の町は髪形と装束で身分・素性を一瞬で見分ける社会だった)」的な現象かも、とか江戸時代本読んでて思った。
どうしてもカーストがスカートに見えてしまうワタシ。。。 >
なかなか面白そうな本だ。スクールカーストの要因としては、「計量分析した結果、一番関連が強かったのは容姿についての自己評価」だったらしい。>
ウワーッ!!ウワーッ!!GJ部を見て中和しないと
一時某所で話題をさらったスクールカーストの真面目なお話 / SYNODOS:
鈴木さんのインタビュー記事は本より面白い。古くて新しい話題、卒業でカーストから開放されるし、高校デビューとか昔からあった。/
こっちも読む。 /
本屋に平積みされてて興味あったけどamazonのレビューでボロックソに叩かれてて敬遠してた。こう言う背景だったのか。買おうかな。
"教師と生徒の間で、スクールカーストの認識に齟齬があると感じます。"先生たちの反応が… /
こんな視点。「待ってました」という感じです。→「教室内カースト(スクールカースト)」...
「 『教室内カースト』著者、鈴木翔氏インタビュー」。スクールカーストについて研究したかたにインタビュー
スクールカーストって、そんな文字に変えたりしてる隙がないぐらい、株価みたいに変動してるんだよ。コミュ能力・学力・信念は確かに必要かも。
(1)面白い。声を出せる人、声を出せない人の差って、学校に限らず、死ぬまで私達につきまとう。
RT @synodos: 【新着記事】繊細で微妙な「地位の差」を捉える/『教室内カースト』著者、鈴木翔氏インタビュー
興味があるテーマ(>スクールカースト)だけど、このインタビュー読む限りじゃ構造を解明したわけではなさそうで、残念。そういうのがあれば是非読みたい。 /
『教室内カースト』著者、鈴木翔氏インタビュー:シノドス
まったく共感できない。学者だったらせめて、クラス内の自分と同じカーストの子を書かせて、相互に一致するかどうかくらいテストしたらどう?→
→大学が高校の延長のようなクラス制を取り入れると同じようなことがやはり起こるのだろう。
「(教室内カーストは)権力で成り立っているというよりも、下位の人の過剰な謙遜で成り立っている」…ふむ。面白そう @kakumaro これは非常に面白い記事です。…繊細で微妙な「地位の差」を捉える/『教室内カースト』著者、鈴木翔氏…
スクールカースト、あるあるだったな。これはでも、職場でもあると思う。むしろ、スクールカーストを学びに学校に通ってた気がする、 /
「mixiの人間関係はなぜそんなに面倒なのか」(キャラの使い分け)→「学校における、微妙な人間関係の面倒くささ」(スクールカースト)→立場による認識の齟齬→各コミュニケーションの運用軸 ...
これは非常に面白い記事です。
“サッカーの授業のときに、サッカーが上手い生徒が仕切る*でも、数学の時間は数学の得意な人が*文化祭の看板を作るなら、絵の上手い人が*”
へえ、調査を元に書かれた新書『教室内カースト』なんて出たのか。
"教室内カースト(スクールカースト)」という言葉を知っているだろうか" /
あのそこ何重にもアイロニーやらなんやらこもってますんでひとつよろしくRT ‏@なかの 「先生は「わたしはコミュニケーション能力なかったから」とよく言うんですけど、先生を見ていても、コミュニケーション能力が低いとは思わなくて」
これ面白いな、役職以外でも職場にもあてはまるな…上手く利用すれば仕事の効率化にも応用出来そう(・`д・´;)
以上

記事本文: 繊細で微妙な「地位の差」を捉える / 『教室内カースト』著者、鈴木翔氏インタビュー | SYNODOS -シノドス-

関連記事