TOP > 政治・経済 > SYNODOS(シノドス) > AIは雇用を奪う...

AIは雇用を奪うか? その時、私たちの暮らしは? 人工知能時代の経済を問う!――『人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊』 / 井上智洋× 飯田泰之 | SYNODOS -シノドス-

12コメント 登録日時:2016-08-01 12:59 | SYNODOS(シノドス)キャッシュ

シノドスは、ニュースサイトの運営、電子マガジンの配信、各種イベントの開催、出版活動や取材・研究活動、メディア・コンテンツ制作などを通じ、専門知に裏打ちされた言論を発信しています。気鋭の論者たちによる寄稿。研究者たちによる対話。第一線で活躍する起業家・活動家とのコラボレーション。政策を打ち出した...

Twitterのコメント(12)

~ベーシックインカムという新しい社会保障~
なんかホットっぽい?ので(笑)

【SYNODOS】『人工知能と経済の未来
@saitama_ishin AIが労働者の代わりになるならますます移民は必要ないですよね。
「AIにはBI」は確かにゴロが良いw

さらに、金融政策・財政政策によるインフレ誘導は、失業が多く出る女儒教だからこそ重要になってくる、か。

うちの子供達が働き盛りになる頃には、労働の形態や価値が一変している可能性もあるかもなぁ
Aiは雇用を奪うか? ←二項対立に終始する考えはわかりやすいけど深めにくいんだよね。そういう意味では自分的に重要な記事!
汎用AIって何やねん… / / 井上智洋× 飯田泰之 | SYNODOS -シノドス-”
「AI時代にはBIが必要だ」:【SYNODOS】AIは雇用を奪うか?
"AI時代にはBIが必要だ" 自分もそう思う。 / / 井上智洋× 飯田泰之 | SYNODOS …”
"AIの発達において2030年に汎用AIが登場するという前提に乗ると、それから15年後の2045年くらいには人口の約1割しかまともに働いていない未来も有り得ます。汎用AIは人間並みの知性を持ちますから、それを搭載したロボットは人…"
"1930年代に、ケインズは「100年後には1週間に15時間働けばいい時代が来る」とユートピア的な予言をしていました。"

2030年か
業界ニュース:AIは雇用を奪うか?
シノドスさんでもご紹介いただきました!
【SYNODOS】AIは雇用を奪うか?
「金融政策は必須のビタミンみたいなものですよ、足りなくなると死んじゃう」 /  2030年雇用大崩壊』井上智洋× 飯田泰之”
以上

記事本文: AIは雇用を奪うか? その時、私たちの暮らしは? 人工知能時代の経済を問う!――『人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊』 / 井上智洋× 飯田泰之 | SYNODOS -シノドス-

関連記事