TOP > 政治・経済 > アメリカの二大政党は「保守対リベラル」の構図だけで分析することはできない / 西山隆行 / アメリカ政治 | SYNODOS -シノドス-

アメリカの二大政党は「保守対リベラル」の構図だけで分析することはできない / 西山隆行 / アメリカ政治 | SYNODOS -シノドス-

シノドスは、ニュースサイトの運営、電子マガジンの配信、各種イベントの開催、出版活動や取材・研究活動、メディア・コンテンツ制作などを通じ、専門知に裏打ちされた言論を発信しています。気鋭の論者たちによる寄稿。研究者たちによる対話。第一線で活躍する起業家・活動家とのコラボレーション。政策を打ち出した政治家へのインタビュー。さまざまな当事者への取材...

ツイッターのコメント(10)

難しいー!これは絶対に日本人が理解するのは無理だよ/(^o^)\ でもこう言われると当時の自民党対民主党も理解しやすくなるかも。
「アメリカの政党は理念やイデオロギーに基づいて組織されているのではないからである。そして、この特徴は、じつは日本の政党についても当てはまる」【SYNODOS】アメリカの二大政党は「保守対リベラル」の構図だけで分析することはできない/西山隆行 /
このリベラルはイデオロギーではなく利益追求団体の集まりってのは新たな視点だった。

【SYNODOS】アメリカの二大政党は「保守対リベラル」の構図だけで分析することはできない/西山隆行 /
アメリカ政治における独立宣言や合衆国憲法の位置付けって前近代中国の儒教に近いものがあるような…。
「大恐慌から脱するには、市場や自己責任の原則にのみ基づくのではなく、政府が積極的役割を果たすことが必要だとの立場からニューディール政策を推進した人々が自らをリベラルと称したのが発端である」 / “アメリカの二大政党は「保守対リベ…”
「アメリカの二大政党を保守対リベラルの構図だけで分析することができないのと同様に、日本の政党政治をイデオロギー対立の次元だけで説明しようとするのも危険」 / “アメリカの二大政党は「保守対リベラル」の構図だけで分析することはでき…”
「アメリカの政党は理念やイデオロギーに基づいて組織されているのではない」アメリカの二大政党は「保守対リベラル」の構図だけで分析することはできない/西山隆行 /
「民主党には利益集団の連合体、共和党にはイデオロギー志向という特徴が生まれ、それが今日でも二大政党を特徴づけている」 / 【SYNODOS】アメリカの二大政党は「保守対リベラル」の構図だけで分析することはできない/西山隆行 /
:日本では、政党政治を分析する際に、ヨーロッパの政党政治に見られる特徴を暗黙の前提…
「保守派と共和党の利益関心が一致するとは限らない点にも注意が必要」

アメリカの二大政党は「保守対リベラル」の構図だけで分析することはできない/西山隆行 /
以上
 

いま話題のニュース

PR