TOP > 政治・経済 > “共謀罪”をめぐる特別報告者の書簡で注目、国連人権理事会とは何なのか? / 阿部浩己×荻上チキ | SYNODOS -シノドス-

“共謀罪”をめぐる特別報告者の書簡で注目、国連人権理事会とは何なのか? / 阿部浩己×荻上チキ | SYNODOS -シノドス-

シノドスは、ニュースサイトの運営、電子マガジンの配信、各種イベントの開催、出版活動や取材・研究活動、メディア・コンテンツ制作などを通じ、専門知に裏打ちされた言論を発信しています。気鋭の論者たちによる寄...

ツイッターのコメント(16)

書簡はプラバイシーに関する特別報告者としては、人権理事会によって与えられた任務にもとづく通常の活動.
「日本では、雇用された新聞社なりテレビ局に忠誠を尽くす仕組みになっており、横断的にジャーナリストの独立を守る仕組みがないということです。」2017.6.14【SYNODOS】“共謀罪”をめぐる特別報告者の書簡で注目、国連人権理事会とは何なのか?/
くだらないw
【SYNODOS】“共謀罪”をめぐる特別報告者の書簡で注目、国連人権理事会とは何なのか?/
綺麗事を言いながら今までの様に偏向報道を続けられるのか?
ケナタッチ氏のこの発言はどこも取り上げないのかと思ったら、TBSがラジオでやったみたいですね。私は虎ノ門ニュースや報道特注を時間貸しの地上波に乗せてもらいたい。
「リスク」の潜在的被害者は、為政者や法律家から社会的に遠い距離にいる人や立場の弱い人たちでしょう。それから、「成立すればプライバシーや表現の自由を制約する恐れがある」という国連人権委の指摘は重く受け止めるべきでしょう。
”日本では、雇用された新聞社なりテレビ局に忠誠を尽くす仕組みになっており、横断的にジャーナリストの独立を守る仕組みがない”
"人権は内政ではないのです" / -シノドス-”
自分も国連職員だけど、知らない話がいくつもあってとても勉強になった。
>共謀罪”をめぐる特別報告者の書簡で注目、国連人権理事会とは何なのか?
よくわかった。ケナタッチ氏は問い合わせてきただけなのか。日本政府の過剰反応はやはり後ろめたいが故か。 / -シ…”
特別報告者の制度は、国連人権保障システムの「もっとも重要な要素(“Crown Jewel”)」→【SYNODOS】“共謀罪”をめぐる特別報告者の書簡で注目、国連人権理事会とは何なのか?/
「一方的な公開書簡だ」という抗議もありましたが、…日本政府側は“事前通告慣れ”をしすぎているのかもしれませんね。」
【SYNODOS】“共謀罪”をめぐる特別報告者の書簡で注目、国連人権理事会とは何なのか?/
これはわかりやすい。
あれを気にいる人も、気にくわない人もどうちらにも、前提知識として/【SYNODOS】“共謀罪”をめぐる特別報告者の書簡で注目、国連人権理事会とは何なのか?/
わかりやすい。日本の対応は、国連人権理事国として恥ずかしいとおもう。 / -シノドス-”
「日本では、雇用された新聞社なりテレビ局に忠誠を尽くす仕組みになっており、横断的にジャーナリストの独立を守る仕組みがない」 / |…”
"日本政府側は“事前通告慣れ”をしすぎているのかもしれませんね。国会での出来レースのようなやりとり、記者クラブでの質問に慣れすぎているから、「事前の通告なしに公表するなんてひどい!」という反応に" / ““共謀罪”をめぐる特別報…”
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR