TOP > 政治・経済 > なぜ香港の若者は「中国嫌い」になったか――香港民主化運動に見る中国の弱点 / 倉田徹 / 現代中国・香港政治 | SYNODOS -シノドス-

なぜ香港の若者は「中国嫌い」になったか――香港民主化運動に見る中国の弱点 / 倉田徹 / 現代中国・香港政治 | SYNODOS -シノドス-

75コメント 登録日時:2014-10-30 08:06 | SYNODOS(シノドス)キャッシュ

シノドスは、ニュースサイトの運営、電子マガジンの配信、各種イベントの開催、出版活動や取材・研究活動、メディア・コンテンツ制作などを通じ、専門知に裏打ちされた言論を発信しています。気鋭の論者たちによる寄稿。研究者たちによる対話。第一線で活躍する起業家・活動家とのコラボレーション。政策を打ち出した政治家へのインタビュー。さまざまな当事者へ...

Twitterのコメント(75)

今の香港デモの背景がよく分かる記事。日本も決して他人事ではなく、過去の夢にしがみつく年寄りはさておき、若い人が自分の頭で考えるようになる切欠になるといいんどけど。
「味方を増やせる魅力・説得力のない国の影響力はどうしても限られる」他山の石。◆
「中国の体制内の人たちは[…]金と組織的権力というハード・パワーがなければ動員はできないと発想しているのであろう。しかし、今の若者は共通の理念とインターネットがあれば、小遣い銭を持ち寄るだけでかなりの運動を実行できてしまう」
@synodos: 【第8位|2014年に読まれた記事】なぜ香港の若者は「中国嫌い」になったか――香港民主化運動に見る中国の弱点/ ”

仕事がないのでは、、、
ほんとにどうするんだろ、これ。
なるほどなぁ。 |
先週分より:今起こっている事の問題点とは→なぜ香港の若者は「中国嫌い」になったか| @synodos
大きな流れは追えているが、実地のヒアリングをせずに統計だけを見て書いた記事。“@hiromocean: ”,
米ソ冷戦の結末は、軍事力の差ではなく資本主義と社会主義のエンタメパワーの差だったと誰かが書いてたのを思い出した。/なぜ香港の若者は「中国嫌い」になったか―香港民主化運動に見る中国の弱点/ "
もう、今までの中国でいられないことを、今の中国は理解すべきだな。     ・・・・なぜ香港の若者は「中国嫌い」になったか――香港民主化運動に見る中国の弱点/
これは面白い。7/1香港デモの前後が分かってよく分かってなかった(僕のような)人は読んでおくべき。
この記事で合点がいった。しかし中国共産党の人材も劣化しているのだろうか…
中共幹部の文革への認識、隠蔽の結果自家中毒起こしてますねこれ(本気で大したことなかったと思ってそう) / 若い世代の方が「香港人」アイデンティティが強くなってるのは興味深い / “なぜ香港の若者は「中国嫌い」になったか――香港民主…”
香港の学生運動の背景を知りたい人は読んでみよう
「「中港融合」は、副作用として両者の感情的な対立、即ち「中港矛盾」を生んでしまった」
たしかに香港人の友達に冗談で「中国人でしょ?」っていうとめっちゃ怒るしな。
逆になぜ嫌いにならないのかを考えろよ。
"財界人が過剰代表され、その特権層に選ばれた行政長官が北京に忠誠を誓う制度の下で、「中港融合」の主たる受益者である特権層の、さらなる「プレゼント」を求めるが声だけが大音量で政策に響くという、構造的な問題があったからであろう"
アンケートの数字の変化は知らなかったので興味深い。逆の立場で見た時のこと(香港の相対的なポジションの変化)も含めて知っておきたい。 / “ / 現…”
「外国への敵愾心と猜疑心をバネにしてナショナリズムを高揚させようとする教育」

日本のネトウヨと同じ発想なのが興味深い。
なぜ香港の若者は「中国嫌い」になったか/  「結局、中国政府に圧倒的に欠如していたのは、経済力・軍事力などのハードな強制力が利かないときに、魅力・説得力によって人を動かす力、即ち『ソフト・パワー』である」
中国政府に圧倒的に欠如していたのは、経済力・軍事力などのハードな強制力が利かないときに、魅力・説得力によって人を動かす力、即ち「ソフト・パワー」である。
中国の中でも上海人、北京人、その他の地方などでお互い「嫌い」あってるし、香港は顔は似てても全く別の文化の国だからねー。言葉が通じないのはやっぱり大きいんじゃないかなぁ。/なぜ香港の若者は「中国嫌い」になったか
不動産価格の上昇が不満の温床なのか -
今まで一番の香港デモ及び香港・北京関係の記事。さすが倉田先生凄い。ーなぜ香港の若者は「中国嫌い」になったか――香港民主化運動に見る中国の弱点/
生まれた時から親のボヤききかさせられてるから ()
これは読ませる記事だった。お勧めする。
97年返還からしばらくは融和がうまく行っていたが、不動産価格高騰で格差が広がり、大陸からの運び屋的観光客もイメージが悪化し、だんだんと離反。非常に興味深い分析。/なぜ香港の若者は中国嫌いになったか 香港民主化運動に見る中国の弱点
問題点がすごくクリアーにわかる解説。日本人の中国嫌いと比較すると面白い。/
月並みだがとてもわかりやすかった
シェアさせて頂きます。
弱点を無視してゴリゴリ突き進むのはもう止めて欲しい。
香港大学民意研究プロジェクト(港大民研)の今年6月の調査によれば、自身を「香港人」と称する者は30歳以上で62.3%であったのに対し、18~29歳では86.7%に上った。逆に「中国人」と称する者は30歳以上で35.8%、18~2...
これは良いまとめだ。まるで代弁してもらえた気分。ぜひご一読を。
"最も大きな問題は不動産価格の上昇であった。"
デモが消える時。それは香港が地方都市になる時。香港が消える時。北京政府は富を香港から上海に移すつもり。嫌だ!
この状況に追い込まれた香港で抵抗の必要性を感じない人って、本当にどんな考えなんだろうか
あんまり追ってないから正しいのかどうかは知らないけど、なかなか参考になった。
返還当初は北京政府の融和政策が有効だったが、不動産価格の暴騰が香港の若者の人生設計を狂わせ、さらにはマナーの悪い中国人観光客を目にすることで、すっかり嫌いに。
なぜ香港の若者は「中国嫌い」になったか―香港民主化運動に見る中国の弱点/

経済的な規制緩和で富裕層を喜ばせ、外国への敵愾心を煽って愛国教育をすり込もうとする...成る程、安倍政権は中国共産党を目指してるのか。
事実後輩に香港の若い人と話そうとして中国語話したら中国人だと思われて嫌われたって聞いたし、大変的を射ている
おもろい。
好きになる理由がないだろ(´・ω・`)
こういう点は中国人は全然分かってない気がする。
23件のコメント “ -シノドス-”
「今回デモ隊が占拠した九龍半島の旺角は、若者向けの安い商品を扱う小商店やレストランが並ぶ庶民の町 〜大陸観光客向けの町へと変貌してしまった。
 〜渋谷のセンター街や、原宿の竹下通りが、中国人観光客向けの免税店だけになったようなもの」
日本でもいい記事が出てます。@Winters_kit
みんなの反応
特権層だけが潤う中央政府のプレゼントはいらないらしい
いやいや。昔から良いとは言えないよ →
自民党と中国共産党は本当に瓜二つ。
国際政治の力学や香港と北京の現状分析から,運動の先行きを予想するでなく,”ソフト・パワー”という,いわば専門外の,周到なデータ分析によるものでない”想像”によって,将来を描くのもなんか,しおれる展開だなあと(; ̄ー ̄
「制限選挙で財界人が過剰代表され、その特権層に選ばれた行政長官が北京に忠誠を誓う制度の下で「中港融合」の主たる受益者である特権層のさらなる「プレゼント」を求めるが声だけが大音量で政策に響く」なるへそ / “なぜ香港の若者は「中国嫌…”
なかなか良い記事です。
はてなブックマーク-人気エントリー
一読の価値ありです。
嫌いというか支那好きな奴っているのかなぁ
香港市民と中国政府との対立がなぜおさまらないのか。これはわかりやすくて面白いまとめです。 --
なかなか面白い
これからが楽しみ
自身を「香港人」と称する者は30歳以上で62.3%であったのに対し、18~29歳では86.7%に上った。逆に「中国人」と称する者は30歳以上で35.8%、18~29歳ではわずか13.3%である。
ネットに公開されてるんだな

『列に割り込む者、痰を吐く者、果ては子供に路上や駅のホームで排泄させる者まで、彼らの醜態は携帯カメラで記録されてはネットに公開され、香港市民の反感を買った』/なぜ香港の若者は「中国嫌い」になったか
とても読みやすくて判りやすい。こういうことをニュース番組で解説できる大手メディアがあればいいのにね。
すばらしい。必見記事。//
なぜ香港の若者は「中国嫌い」になったか
香港民主化運動に見る中国の弱点/


秀逸。必読。
中国政府もいろいろプレゼントしてたのか。知らなかった。読んでよかった。
魅力的なソフトパワーもなくカネで面を叩くような中共のやりかたは、財界人はともかく若者の支持など得られなかった。>
めっちゃ面白い記事だった
“18〜29歳で自身を「中国人」と称する人。08年6月 41.2%→今年6月 13.3 %” ◆ -
"制限選挙の下で財界人が過剰代表され、その特権層に選ばれた行政長官が北京に忠誠を誓う制度の下で、「中港融合」の主たる受益者である特権層の、さらなる「プレゼント」を求める" / “なぜ香港の若者は「中国嫌い」になったか――香港民主化…”
| シノドス-
「 特権層の、さらなる「プレゼント」を求めるが声だけが大音量で政策に響くという、構造的な問題があった」
中国が綻びるのは香港からなのか なぜ香港の若者は「中国嫌い」になったか――香港民主化運動に見る中国の弱点/
以上

記事本文: なぜ香港の若者は「中国嫌い」になったか――香港民主化運動に見る中国の弱点 / 倉田徹 / 現代中国・香港政治 | SYNODOS -シノドス-

関連記事