TOP > 政治・経済 > 「建設的ジャーナリズム」とは何か?――現状打開を目指すオルタナティブ・ジャーナリズム  / 穂鷹知美 / 異文化間コミュニケーション | SYNODOS -シノドス-

「建設的ジャーナリズム」とは何か?――現状打開を目指すオルタナティブ・ジャーナリズム  / 穂鷹知美 / 異文化間コミュニケーション | SYNODOS -シノドス-

シノドスは、ニュースサイトの運営、電子マガジンの配信、各種イベントの開催、出版活動や取材・研究活動、メディア・コンテンツ制作などを通じ、専門知に裏打ちされた言論を発信しています。気鋭の論者たちによる寄稿。研究者たちによる対話。第一線で活躍する起業家・活動家とのコラボレーション。政策を打ち出した政治家へのインタビュ...

ツイッターのコメント(24)

この点、デンマークの公共放送の Constructive Journalism (建設的ジャーナリズム)という取組が素晴らしい。事実を伝えるのみに留まらず、コミュニティ(市民)から幅広く意見を募り、共に問題解決を目指していくという手法。これこそ本来求められるジャーナリズムだよね〜
@murrhauser 欧州、🇩🇪や北欧ではネガティブを撒き散らすことで社会に警鐘でなく購買を進めようとするメディア手法に対してオルタナティブ・ジャーナリズムが出てきています
ぬるい記事が多く感じるかもしれませんが,それはすでに毒されているからかもしれませんね
「建設的ジャーナリズム」とは何か――現状打開を目指すオルタナティブ・ジャー&
優れた情報の“I”はInformationでなくIntelligenceということね。
「よいジャーナリズムとは、見えるままの事実を報道するのではなく、意味のあるものとないものを判別し、事象の背景を探り、分析し、解釈したもので、いわば社会を照らす灯台の役割を担うものである」
@WRHMURAMOTO 村本さん、この記事読むといいですよ。まさにその問題意識のことが語られているので。
日本ではリディラバジャーナル @toshikiabe が近い印象。社会課題の提示に留まらず、その構造を理解し、打開を図る具体策と可能性に希望を得たいと思う。>【SYNODOS】「建設的ジャーナリズム」とは何か?
"ニュースの報道の仕方はほとんど疑われることなく、一本調子でありつづけ、センセーショナルな報道をエスカレートさせる傾向が続いていた"
建設的ジャーナリズムかあ。記事だけではいまいちイメージが浮かばんな
興味深い。紋切型の「調査報道ガー」じゃなくて、こういう新たな切り口に取り組むメディアが出てきたら面白そう。/
こういうものが見たい。
===
毎日新聞で武田徹さんの寄稿を読んで知った。これって要するに原点回帰であり、ウェブメディアとかでも取り組んでることだよねと思う。そうなると、ウェブで起きていることは近代ニュースの再帰であるとも言える。
この記事面白い!お互いの批判に終始するのではなく、それに対して何ができるのか、どうすれば良い方向に導けるのかを皆で考えることこそが大切だよね。

「建設的ジャーナリズム」とは何か?――現状打開を目指すオルタナティブ・ジャーナリズム 穂鷹知美 (SYNODOS)
建設的ジャーナリズムとは?
(エンロンの「創造的会計」みたいな)「起きている悪いことや否定的な面を強調するのではなく、公平で正確でしかも社会的文脈に関連づけた世界を人々にみせることを目指す」 / “「建設的ジャーナリズム」とは何か?――現状打開を目指すオル…”
”よいジャーナリズムとは、見えるままの事実を報道するのではなく、意味のあるものとないものを判別し、事象の背景を探り、分析し、解釈したもので、いわば社会を照らす灯台の役割を担うもの” 、”ジャーナリズムとは、現実と現実の認識との間のフィルターである”
ジャーナリズムのあり方を見直す上で、とても示唆に富んでいる必読の記事だと思います。
どうしても「ああ、ニホンスゴイ系のああいうアレ?」って思ってしまうが、多様なアプローチの内の一つとしては良いのかも
「ネガティブな報道に疲弊する人々」/
建設的ジャーナリズム、やりたい/
デンマークでは「国営放送の討論番組においては、参加者がそれぞれ意見を主張するのではなく、課題や問題を前に共同して解決方法をみつけるように義務づけました。」
“現在のジャーナリズムは、過剰にネガティブな事象に偏った報道を行っている” / “「建設的ジャーナリズム」とは何か?――現状打開を目指すオルタナティブ・ジャーナリズム  / 穂鷹知美 / | SYNO…”
“「タブロイド化や、センセーショナリズム、また否定的バイアス」に対抗し、「起きている悪いことや否定的な面を強調するのではなく、公平で正確でしかも社会的文脈に関連づけた世界を人々にみせることを目指す」” / “「建設的ジャーナリズ…”
以上
 

いま話題のニュース

PR