TOP > 政治・経済 > 続・福島の甲状腺がんと放射線被ばくに関連なし――福島県「県民健康調査」検討委員会 / | SYNODOS -シノドス-

続・福島の甲状腺がんと放射線被ばくに関連なし――福島県「県民健康調査」検討委員会 / | SYNODOS -シノドス-

10コメント 登録日時:2019-07-11 12:12 | SYNODOS(シノドス)キャッシュ

シノドスは、ニュースサイトの運営、電子マガジンの配信、各種イベントの開催、出版活動や取材・研究活動、メディア・コンテンツ制作などを通じ、専門知に裏打ちされた言論を発信しています。気鋭の論者たちによる寄稿。研究者たちによる対話。第一線で活躍する起業家・活動家とのコラボレーション。政策を打ち出した政治家へのインタビュー。さまざまな当事者への取材。理性と信念のささ...

Twitterのコメント(10)

ちなみに,放射線被ばくと甲状腺がんの因果関係は否定されているし,過剰診断であってこれ以上の検査を行うべきではないとの声も出てる。このくらい調べればわかる。
検討委員会については、下の記事を参照してください。

【SYNODOS】続・福島の甲状腺がんと放射線被ばくに関連なし――福島県「県民健康調査」検討委員会
稲葉、津金両委員会の意見は紹介するが、「関連は認められない」というまとめに反対した、成井、富田、清水、春日委員の意見どころか、存在にすら言及していないのですね。
シノドスの考える「ファクト」とは、自らに都合のよい事実のことだ、と編集方針決めているようですね。
@isshi_lol 甲状腺ガンについては、当初は奇形だ遺伝だ鼻血だ東京壊滅だと騒いでおきながら何一つ実現せずにオオカミ少年団と化した放射能デマにとって「最後の砦」なので、特に誤情報が多いです。

こちらの記事などであれば客観的な情報が記載されていますのでご参考頂ければ幸いです。
"「過剰診断は起こる」ということを明示しなければならない。
具体的には、「一般的に、がん検診として甲状腺に超音波を用いた集団スクリーニングを行うことは、メリットとデメリットを考え、推奨されていません」と示すべきだ。"
【SYNODOS】続・福島の甲状腺がんと放射線被ばくに関連なし――福島県「県民健康調査」検討委員会/

とても信じられる話じゃない。
奴らはそのうち、放射線の影響は認めるが原発が暴発したせいじゃない、それでもダメなら原発は暴発したが国民の責任とか言い出すんだろう
“国際的な専門家グループが「原発事故後であっても、甲状腺への放射線被ばく線量が低いと推定された場合は、すべての住民を対象とするスクリーニング検査を行わないことを推奨している」と提言しているという情報を、住民に対して提供した方が良い”
「福島の甲状腺検査は、疫学研究としては既に破綻している。どんなに優秀な疫学研究者でも、福島の甲状腺検査のデータから放射線の影響を検出することはできないと思う。」
【SYNODOS】続・福島の甲状腺がんと放射線被ばくに関連なし――福島県「県民健康調査」検討委員会/ ※ 「福島第一原発事故による放射線の甲状腺被ばく線量は低かった」で決定ですよ。いつまで甲状腺検診をやり続けるのか、もはや益のない「害」を産んでいる検診は中止すべき。
「疫学研究としては既に破綻している。どんなに優秀な疫学研究者でも、福島の甲状腺検査のデータから放射線の影響を検出することはできない」(津金委員発言要旨より)
以上

記事本文: 続・福島の甲状腺がんと放射線被ばくに関連なし――福島県「県民健康調査」検討委員会 / | SYNODOS -シノドス-

関連記事