TOP > 政治・経済 > 福島第一原発事故後、新生児の異常は増えていない――低出生体重児・先天奇形・先天異常は全国と同じ / | SYNODOS -シノドス-

福島第一原発事故後、新生児の異常は増えていない――低出生体重児・先天奇形・先天異常は全国と同じ / | SYNODOS -シノドス-

12コメント 登録日時:2019-05-27 18:45 | SYNODOS(シノドス)キャッシュ

シノドスは、ニュースサイトの運営、電子マガジンの配信、各種イベントの開催、出版活動や取材・研究活動、メディア・コンテンツ制作などを通じ、専門知に裏打ちされた言論を発信しています。気鋭の論者たちによる寄稿。研究者たちによる対話。第一線で活躍する起業家・活動家とのコラボレーション。政策を打ち出した政治家へのインタビュー。さまざまな当事者への取材。理...

Twitterのコメント(12)

以前当院でも低出生体重児は増えていない事の研究を論文発表しています。
県の調査でも、低出生体重児・先天奇形は増えてない事が確認されています。
サンプルの半分以上を無効にした結果増えてないってもうね
今の福島に必要なのは、こういう情報を繰り返し提供することであり「ヤトウガー」と煽り立てることではない:
まあ、年間100mSvを超えていないどころか20mSvもやっと何でそれほど大きな健康被害が出るはずがない。いつになったらこの事実を受け入れてもらえるのだろうか。
原爆を投下された広島や長崎では約3カ月後から住民が戻り始め今日の発展を遂げている。
東日本大震災から8年余り。放射能は本当に危険なのか?
さて、他の結果との整合性は、ありやなしや。
立憲民主党はこの報告に対して6422人の他は異常があったに違いないと思ってるのかな。『事実の隠蔽だ』と訴えないのかな。
「2011年に福島で生まれた先天異常を持つ新生児について、放射線との関連を示唆する情報もありましたが、原発事故後8年余り積み重ねられたデータに照らせば、それが誤りであることがわかります。」
※わかりきった事だが超低線量の被曝で新生児の異常が発現するなどあり得ない。これが常識。
今もなお、福島で奇形が増えたとツイートしてるものを見かける。酷いものは合成した写真まで添えられている。事実を知って欲しい。福島は元気です
福島レポートに「福島第一原発事故後、新生児の異常は増えていない」 がアップされました。すかさず、「生まれなかった数は集計しないのね」とつぶやく人がいましたが、どうしてここまで執拗に福島県全体を侮辱し続けるのでしょうか?
以上

記事本文: 福島第一原発事故後、新生児の異常は増えていない――低出生体重児・先天奇形・先天異常は全国と同じ / | SYNODOS -シノドス-

関連記事