TOP > 政治・経済 > リスクと価値――福島での経験から / 村上道夫 / リスク学 | SYNODOS -シノドス-

リスクと価値――福島での経験から / 村上道夫 / リスク学 | SYNODOS -シノドス-

11コメント 登録日時:2019-04-25 12:53 | SYNODOS(シノドス)キャッシュ

シノドスは、ニュースサイトの運営、電子マガジンの配信、各種イベントの開催、出版活動や取材・研究活動、メディア・コンテンツ制作などを通じ、専門知に裏打ちされた言論を発信しています。気鋭の論者たちによる寄稿。研究者たちによる対話。第一線で活躍する起業家・活動家とのコラボレーション。政策を打ち出した政治家へのインタビュー。さまざまな当事者への取材。理性と信念のささやき声を拡大し、社会に届け...

Twitterのコメント(11)

一見穏やかな文章ですが、筆者である専門家の切実さが伝わってきました。→【SYNODOS】リスクと価値――福島での経験から/村上道夫 /
福島県立医科大学の村上道夫先生より。勉強になりました

リスク学とは、どのような選択をし、どのように生きるのかという「個人としての意思決定」と、どのような対策を進めて、どのような社会を目指すのかというような「社会としての意思決定」に役立つための科学です。
読んだ。ちょっとだけ長いけど、確かに一読に値する。【SYNODOS】リスクと価値――福島での経験から/村上道夫 /
ふむ、新記事…明日読もう……(>_<) (積読

【SYNODOS】リスクと価値――福島での経験から/村上道夫 /
村上道夫「リスクと価値ー福島での経験から」→「様々な価値があるからどんな状態でも良い、というものでもない…リスクを扱うとき、単なる数字的な議論ではなく、その背景には何を良しとするかといった価値や世界観があります。数字と価値の両者を明示的に論じることが…」
“「低線量下でもがんが生じうると想定する」という、リスクを高めに見積もる方法で算出しました…「被ばくによるがんの影響と老人施設からの避難の影響を死亡率の指標で比較するのはなんだか変ではないか…」” / “リスクと価値――福島での経験から / 村上道夫 / | …”
【SYNODOS】リスクと価値――福島での経験から/村上道夫 /
一読推奨。
"事故後に福島の平均余命が延びていたり、出生率が回復したりといった良い面もあります。事故をきっかけに福島に訪れるようになった方も少なくないと思いますが、食や観光、人との関わりを通じて、様々な楽しみを知った方も多いのではないでしょうか"
「数字と価値の両者を明示的に論じることが、私たちがどのような世界に生きたいかという選択と実現に向けて、ますます大事になると考えています」【SYNODOS】リスクと価値――福島での経験から/村上道夫
村上さんらしいいい記事。"自身が目指したいと思う世界観に沿い、社会的に意義のある対策に結びつき、きっと多くの方が共感してくれるであろうと思う指標を選択して研究に用いている"
「リスクを扱うとき、単なる数字的な議論ではなく、その背景には何を良しとするかといった価値や世界観があります。数字と価値の両者を明示的に論じることが、私たちがどのような世界に生きたいかという選択と実現に向けて、ますます大事になると考えています。」
以上

記事本文: リスクと価値――福島での経験から / 村上道夫 / リスク学 | SYNODOS -シノドス-

関連記事