TOP > 政治・経済 > なぜ学校で体罰や指導死が起こるのか?――社会に蔓延する“ダークペダゴジー(闇の教授法)” / 教育社会学・教育科学 、山本宏樹氏インタビュー | SYNODOS -シノドス-

なぜ学校で体罰や指導死が起こるのか?――社会に蔓延する“ダークペダゴジー(闇の教授法)” / 教育社会学・教育科学 、山本宏樹氏インタビュー | SYNODOS -シノドス-

シノドスは、ニュースサイトの運営、電子マガジンの配信、各種イベントの開催、出版活動や取材・研究活動、メディア・コンテンツ制作などを通じ、専門知に裏打ちされた言論を発信しています。気鋭の論者たちによる寄稿。研究者たちによる対話。第一線で活躍する起業家・活動家とのコラボレーション。政策を打ち出した政治家へのイ...

ツイッターのコメント(32)

〝なぜ学校で体罰や指導死が起こるのか?――社会に蔓延する“ダークペダゴジー(闇の教授法)” / 教育社会学・教育科学 | SYNODOS -シノドス-〟

途中までうんうんとうなづきながら読んでいたが、途中からあれ?ってなって、最後の注を見て
ダークとかホワイトとか、実際にはそんなに簡単にわけることはできない。
また変なのが出てきたよ。ブラックの次は「ダーク」だってさw
なぜ学校で体罰や指導死が起こるのか?――社会に蔓延する“ダークペダゴジー(闇の教授法)

攻撃性や自己中心性、強権志向や不寛容は「ブラック」な社会システムに対する人間の心的システムの側の反応として発生するものです。(本文より)
ダークペダゴジーの実質は学習心理学でいう「恐怖条件付け」
(など)


より

感想:この方(山本宏樹氏)、凄いかも。

記事中には自己肯定感も書かれており
キーワードの一つになっているようです。
「ダークペダゴジーには生徒を怒鳴りつけたり脅迫したりといった露骨な方法だけでなく、クラスメイトが見ているなかで叱責して一罰百戒をうながしたり、学級に連帯責任を課すことでトラブルメイカーの生徒を孤立させたり」

なぜ学校で体罰や指導死が起こるのか?
ダークペタゴジー」(闇の指導法)
いわゆる教育現場でのパワハラ指導について、簡潔だけれども丁寧な解説。
教育の問題は誰かを悪者にしている限りは解決しない。
こどもの担任の指導法が、
ダークペタゴジー😢
どうしたらいいんだろう。
この指導法から、抑うつ、パニック状態から自死にいたることもあるそう。
保育の現場も危ないですね。→なぜ学校で体罰や指導死が起こるのか?――社会に蔓延する“ダークペダゴジー(闇の教授法)”
教育社会学・教育科学
(暴力のトリクルダウン)政府が暴力を独占することで治安を維持するという「リヴァイアサン」構想が近代国家の基本原理ですが、学校も国家と同様に基本原理のうちに「暴力による治安維持」という要素を含んでいる / “なぜ学校で体罰や指導死…”
“「管理教育」にみられるようなパワハラ的指導方法ですが、ドイツの精神科医アリス・ミラーらはそれを「ダークペダゴジー(闇の教授法, Schwarze Pädagogik)」と呼んでいます” / “なぜ学校で体罰や指導死が起こるのか…”
軍隊トレやパワハラ的に追い込んでいく教育方法というのは、80年代に欧米で一瞬だけ流行ったのよね。ただすぐ廃れたんだけど、日本は一度流行ると、こういうのはなかなか廃れないんだよねえ。 / “なぜ学校で体罰や指導死が起こるのか?――…”
日本の学校って、今も昔も軍隊と似ている。
様々な意見があると思いますが、テクニックと題して子供の本質を考えず、こう褒めればいうことを聞く、こう叱れば話を聞く…みたいな指導方法論セミナーは非常に嫌でした。

そんな悩みをうまくまとめてあった記事なので、共有します。(2/2)
何度読んでも身震いするし、考察を得れます。
教師や教育関係者には足枷と厳罰が必要である。 ヾ(´ー`)ノ
そしてちょうどうってつけの記事が。
理想から堕落とか完全にジェダイやんけ。。/
パワハラ的指導方法「ダークペダゴジー(闇の教授法)」。生徒を怒鳴りつけたり脅迫したりといった露骨な方法だけでなく、... ...学級に連帯責任を課すことでトラブルメイカーの生徒を孤立させたりなど様々なバリエーションがあります。
簡単にはいかないよなー
これすごいよ!みんな読んで!
〈政府が暴力を独占することで治安を維持するという「リヴァイアサン」構想が近代国家の基本原理ですが、学校もまた国家と同様に基本原理のうちに「暴力による治安維持」という要素を含んでいる〉 / “なぜ学校で体罰や指導死が起こるのか?―…”
面白かった。とても納得できる。
あるある。地域も学校に過度な役割を背負わせちゃいけん。地域でできること地域で
カルト集団からダークペダゴジーを習って実践していくのは彼らにとってとても合理的なものなのだろう>なぜ学校で体罰や指導死が起こるのか?――社会に蔓延する“ダークペダゴジー(闇の教授法)”
ダークペタゴジーという言葉を憶えた/知識そのものにそもそも権力性があり、教育においてその権力性は顕在化せざるをえない。開き直ることなく、少しでもマシな権力を模索しなければならないって、本当に大変。 / “なぜ学校で体罰や指導死が…”
義務教育終了までの子供はほぼ野獣みたいなもので、本人達も暴力(物理的にも心理的にも)を振るう傾向にある。それをどう調教すればいいのかというのは興味ある。 / “なぜ学校で体罰や指導死が起こるのか?――社会に蔓延する“ダークペダゴ…”
暴力的な指導についての、冷静で学術的なわかりやすい解説。
公立学校では禁止されている行為が、私立学校では公然と行われ、
受験合格で勝者となった私立学校の卒業生が、公立学校の教師と
して主導的な地位を占めるようになると、一気に蔓延するように
なったと考えられる。 @synodos
>>
一部抜粋するにもどこにするか選び難い。多くの情報の中にポジ出しも多数含む良記事。

、山本宏樹氏
以上
 

いま話題のニュース

PR