TOP > 政治・経済 > 子育て支援は「労働生産性・経済成長率・出生率」を高め「子ども貧困率・自殺率」を下げる / 柴田悠 / 社会学・社会保障論 | SYNODOS -シノドス-

子育て支援は「労働生産性・経済成長率・出生率」を高め「子ども貧困率・自殺率」を下げる / 柴田悠 / 社会学・社会保障論 | SYNODOS -シノドス-

シノドスは、ニュースサイトの運営、電子マガジンの配信、各種イベントの開催、出版活動や取材・研究活動、メディア・コンテンツ制作などを通じ、専門知に裏打ちされた言論を発信しています。気鋭の論者たちによる寄...

ツイッターのコメント(24)

>「保育サービス」をGDP比0.1%(0.5兆円)だけ拡充すると、経済成長率は0.28%ポイント増える見込みとなる
@Yuji777_777 いきなりお前か。
揃いも揃って、極端なリフレ派は口が悪いですね。ま、私も人の事は言えんが。
投資する前からリターンがわからない?経済効果はある程度算出可能ですよ。
この記事でも読んで、勉強を。
『保育サービスの経済効果(2.3倍)は公共事業(1.1倍)よりも大きい』
@liberalist_shun つまり、大きな政府を作り従来型の公共工事等で積極投資といいつつ、リターンの少ない無駄なバラマキをするよりも、維新の目指す様な、小さな政府(=必要な固定費を削減)が民間活力を最大限活かし、将来世代へどんどん積極投資する方が、よっぽど経済効果は高いという事。
“「保育サービス」の経済効果(2.3倍)は「公共事業」(1.1倍)よりも大きい” / / 柴田悠 / 社会学・社会保障論 | SYNODOS…”
経済効果高いのすごいな/どうして育児か介護かって二択にされるの? / / 柴田悠 / 社会学・社会保障論 | SYNODOS -シノドス-”
昨年検討してた民進党の経済政策を今更確認したんだけど、子育て支援の経済効果が短期的に2.3倍ってマジなのかな?
元文献読むと高齢化率の変動とか考慮しててとても短期に効果でそうに思えないんだけど

【SYNODOS】子育て支援は~
/ 「子育て支援と経済成長に因果関係が見られる」という仮説を提示。社会学のやり方の意義深い仕事の内の1つ。
「保育サービス」って具体的に書いてないっぽくてようわからん。
興味深いので他の研究者の考えも知りたいところ。
"子育て支援以外の政策は、労働生産性などに対して効果がないか、あったとしてもその範囲が限定的"
→子育て支援は「労働生産性・経済成長率・出生率」を高め「子ども貧困率・自殺率」を下げる
子育て支援は「労働生産性・経済成長率・出生率」を高め「子ども貧困率・自殺率」を下げる ←図は超重要かもしれない!!
子育て支援というと「個人のこと」「自己責任」って思われがちだけど、実は社会に対する影響はすごく大きい、きちんとした統計が出てる。

「保育サービス」の経済効果(2.3倍)は「公共事業」(1.1倍)よりも大きい。
「公共事業より子育て支援」
転用させて頂きます。
傾聴すべき意見だと思う:
“ ” 美しい国が何を意味するか知らんけど、子育て支援にカネ使わないと、そのうち国すら滅びまっせ。
予算使えば効果が出るのは当たり前だと思うけど、財源はどこを考えているんだろう。予算を剥がした先が起こすデメリットも考えないと、政策議論にならないよ。: 【SYNODOS】子育て支援は「労働生産性・経済成長率・出生率」を高め「子ども貧
>「保育サービス」の経済効果(2.3倍)は「公共事業」(1.1倍)よりも大きい

子育て支援は「労働生産性・経済成長率・出生率」を高め「子ども貧困率・自殺率」を下げる/柴田悠
これの対抗が、「国の借金が増えると国民が不安になり金を使わなくなる」という宗教なのがなあ……|
財政支出の有効性とでは何に支出すべきかという問題について
株でいえば長期投資なのだろうねえ。みんな短期的な利益に一喜一憂するから、長期の政策は取りにくいのだろうけどもねえ。

子育て支援は「労働生産性・経済成長率・出生率」を高め「子ども貧困率・自殺率」を下げる/柴田悠 / 社会学
「先進国の平均的傾向は、『子育て支援(とくに保育サービス)は、労働生産性・経済成長率・出生率を高め、子ども貧困率・自殺率を下げる』というもの」/子育て支援は「労働生産性・経済成長率・出生率」を高め「子ども貧困率・自殺率」を下げる
“「保育サービス」の経済効果(2.3倍)は「公共事業」(1.1倍)よりも大きい” "財源は相続税などの「小規模ミックス」で" / / 柴田悠…”
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR