TOP > 政治・経済 > 乗数効果と公共事業の短期的効果への疑問――藤井聡先生へのリプライ / 飯田泰之 / 経済学 | SYNODOS -シノドス-

乗数効果と公共事業の短期的効果への疑問――藤井聡先生へのリプライ / 飯田泰之 / 経済学 | SYNODOS -シノドス-

シノドスは、ニュースサイトの運営、電子マガジンの配信、各種イベントの開催、出版活動や取材・研究活動、メディア・コンテンツ制作などを通じ、専門知に裏打ちされた言論を発信しています。気鋭の論者たちによる寄...

ツイッターのコメント(44)

「金融政策の肝がコミットメントにあったように、公共事業が日本全体の雇用状況にプラスに寄与するためにもコミットメントが必要なのです。」
(「価値ゼロ」なので発注自体やめろと言い出すかも)政府支出は国民経済計算の泣きどころ/市場取引を経ていない財・サービスは「いったいそれがどれだけの価値があるのか」を客観的に評価することが出来ません / “乗数効果と公共事業の短期…”
現在の日本において公共事業として道路や空港を作ることにどれくらいの乗数効果があるのでしょうか?
(政府支出とGDP)政府支出が国民経済計算体系の泣きどころであるというのは、「そういうモノなのです」と答えるしかありません(飯田泰之) / -…”
(2014.02.24)

「政府支出はGDPを計上する国民経済計算(SNA)の“泣き所”」というお話。
自分は会計処理とかはよくわからない系「給付金と財政支出の効果が同じなわけないだろ」派なのだが、給付金って雇用生んでくれるんですか? Re: 乗数効果と公共事業の短期的効果への疑問〜 藤井先生へのリプライ 飯田泰之/
この上念一派がやたらと公共事業を批判するときに持ち出すのが、飯田が藤井にかいたこれ

なんだけど、これって、公共事業の経済収益率0円とか言うトンデモ仮定なんだよね。自宅警備員に賃金払う公共事業なんて実際には存在しないのだが
計算上と実際の効果は違うそうですよ。それから政府支出は乗数に計上されないものもあるそうです。以下こちらのリンクの説明はわたしでも分かりやすかったです。



@BrdbryLndng
@chrlie__love 氏の言ってる乗数とはSNA計算上の話しだと思いますよ。
公共投資は計上された段階で”1”乗っかるそれだけの話しです。また、所得移転系の政府支出は乗数に計上されません。これは純粋に”そういうルールだから”です
飯田泰之VS藤井聡
藤 飯田氏の寄稿について

飯 藤井先生へのリプライ

藤 追加

飯 再リプライ
飯田さんは小野さんに影響を受けたことがわかる>「給付金と財政支出の経済効果の差」は..支出先の中身に依存するという結論に達します。数理的な証明はOno(2011)を参照ください―藤井聡先生へのリプライ /
上念さんに教えてもらった /
他13コメント
「このような企業が長く市場にとどまることは出来ません。」
政府は市場競争に晒されないから腐っても存在できます。国民があれだし。
//B.10億円分の自宅警備事業を発注した C.定額給付金10億円を支給した …実質的にBとCでは同じ事が行われているにもかかわらず、両者がGDPに与える影響が異なるというのは、どう考えても統計ルールの不備/
★飯田氏と藤井氏の一連の討論の流れ
・飯田氏のリプライ
・藤井氏の再コメント
・飯田氏の再リプライ
今週のシノドス2
【SYNODOS】 よーく考えてみよう!って感じの飯田先生の論ですね。
大事なことは、希少な資源をより効率良く使いましょう。供給<需要な産業に短期的な景気対策効果を求めず、消費性向高い所に配れ!では?➡️【SYNODOS】乗数効果と公共事業の短期的効果への疑問―藤井聡先生へのリプライ/
“地域毎に十分な取捨選択を行って、継続的に利用するインフラについては補修スケジュールを策定し、その一方でどうしても必要な新設は地域内で時間的な集中が起きないように順を追っての新設を行っていく必要があります”
今の公共事業と財政政策について、よく分かりました。お勧めの記事です。
公共事業は景気対策ではなくむしろ長期的な計画で行ったほうがいいというのは同意 /
難しい理論は別として日本国民であればこれ以上道路や橋は要らないはず。飯田氏が言うように効果的にも必要なのはセーフティネットにかける予算。▷【SYNODOS】乗数効果と公共事業の短期的効果への疑問―藤井聡先生へのリプライ /
【SYNODOS】
なるほどー!これはためになる
まぁ経済学の教科書読んだらよくわかった事でもあるが。
読む /
他9コメント
「地域毎に十分な取捨選択を行って、継続的に利用するインフラについては補修スケジュールを策定」

「どうしても必要な新設は地域内で時間的な集中が起きないように順を追っての新設を行っていく」



→ 民需圧迫しない方法はこれ以外なくない?
さて、下記リプライへの再リプライがメルマガにて藤井聡から早速放たれた模様 藤井先生仕事速すぎやろ!ひまなんか!?w
時系列的に議論を追わずにこれだけ読んでも、充分に納得の経済議論。公共事業に限らず長期的計画提示が必要と僕も思う。 →
公共事業関係者の預金残高が増えて、また国債購入に充てられる無限ループ /
-シノドス- みんなの反応
久しぶりに飯田砲炸裂!必読! RT @iida_yasuyuki 【SYNODOS】乗数効果と公共事業の短期的効果への疑問――藤井聡先生へのリプライ / 飯田泰之 / 経済学
こないだの藤井メルマガへの反論きたね
価値を数値化することの困難さは、よく理解しないといけませんよね。
ここに凝縮されてますね/【SYNODOS】
(そうですか)政府支出が国民経済計算体系の泣きどころであるというのは、「そういうモノなのです」と答えるしかありません(飯田泰之氏) / -シノ…”
松戸市が来年度〜五十年かけて行う橋の長寿命化事業の地域経済効果を想起した記事。【SYNODOS】
田舎で土建屋さんの愚痴聞いてると実感します。2頁目だけでも。//
次は一体どう切り返すのか自称土木専門家の藤井さんw 得意の「人の命は…」かな…(^^;)
「厚生の観点から導かれる望ましい土木・建設事業は幹線や都市部を中心にしたものになると考えられます」地方は氏ねばいいんです(´ω`) “乗数効果と公共事業の短期的効…”
「社会基盤、防災・減災インフラを整備するためには…景気対策を主眼にした集中的な支出ではなく、少なくとも10年、そして30年にわたる支出計画が必要…その方が結果的には景気への好影響も大きいのでは」 / “乗数効果と公共事業の短期的効…”
Ono(2011 JMCB)の解説といつもの供給制約説
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR