日本では子育てがしにくいという声が強い 子育て世代を悩ませる様々な課題とは|NIKKEI STYLE

12コメント 2021-07-05 03:30 NIKKEI STYLE

ツイッターのコメント(12)

それもだけど
収入が上がらない上に税金が高すぎるのが問題では?
うちもお金に余裕あれば3人目ってなるけど現状じゃ厳しいわ
>少子化を食い止めるカギのひとつが、男性の育児だ。「少子化」を初めて取り上げた1992年の国民生活白書もすでに、男性の育児と長時間労働の見直しなどを訴えていた。

的外れやろwならなんで24時間働けますか?の時代は今より少子化じゃないのw
こそだては家族でやるもの

というのは、3世帯家族だから可能だった話で、核家族が一般化した今、極めて難しい

若者の非正規や低所得となれば、祖父母も働かなければいけないことも…

所得をあげなければいけない
その前に結婚し易い環境を作れよ。未婚率がガンガン上がってるのを先に対処しなきゃ。
------
色々厳しいですね→
個人の実感として、経済的に厳しいから、というのが一番。子育て世代への支援をさらに拡充すべき。
住宅、家事支援、保育園、教育などなど。
我が子とかよその子とか、そういう狭い了見ではない。10年後、20年後の日本を背負って立つ子供達への投資を求める。
東京の不動産が高いの除けば今の日本てかなり子育てしやすい国だと思うけどな
高学歴者が結婚しない、子を作らないと言う問題も顕著。高学歴女性の配偶者は高学歴男性で、やはり社会的立場から育児関与は限定的。双方最前線で仕事しつつ、子育てしやすいインフラが最も重要ではないか。

 :
うちは2人、姉は3人、奥様の姉は2人、奥様の妹は5人 の子供に恵まれ、みんな裕福ではないですが、なんとか大きくなっていってくれています。
そんな恵まれた環境ばかりではないってことですね
公的支援や社会の構造が変わる前に女性が働くようになると、当然に家庭における子育ての時間が少なくなり少子化につながる。その時間をどうやって社会としてカバーしていくか。それを考えないと。
以上
 
PR
PR