35歳から未経験分野への転職、本当に「無謀な挑戦」なのか?|NIKKEI STYLE

10コメント 2021-07-02 03:28 NIKKEI STYLE

ツイッターのコメント(10)

「今ここで動かなければ、ゆでガエルのように業界や会社と共にいつの間にか自分も沈没してしまうかもしれない」という、もう一つの恐怖がこの人たちを行動につき動かした背景にありました。

先に自分の心地よいスタイル(天職)をみつけておきましょう。
: NIKKEI STYLE
年齢関係ないと思うけど中途採用で異業界に転職するときは、人事の人が納得するような自己PRと志望動機が必要だね。難しい話だけどね。
2010年以降、産業の興亡は静かに激化しています。その中で大胆に異業種に転職する人が増えています。
背景には"2つの恐怖心"がありました。ひとつは「将来が見えない。異業種への転職は不安だが、10年後を考えたら今思い切ったほうがいい」という未来への恐怖。もうひとつは、
そもそも世の中に、真の専門家や職人といえる方は限られるかと…。
年齢で何かを論じること事態が、ナンセンス。何事も挑戦ではと考えます。
長く機嫌よく働き続けるって表現なんか好きだな。
: NIKKEI STYLE
『転職を決断した理由で共通するのは、「自分が在籍する企業や業界の将来が見えない。異業種への転職は不安で恐怖心を感じるのは事実だが、10年後を考えたら、今のうちに思い切ったキャリアチェンジを…』
日本も転職が容易な国になって行ってほしいな。30歳超えてからの転職は難しいとか、年齢で区切るの良くない。本人のやる気次第で何歳でも新たな可能性が認められる国に。
徐々にではありますが、「異業種にチャレンジしよう」と考える人が増えてきました。産業構造が変化し、業界の栄枯盛衰が激しくうごめく中で、そこで働く人々が異業種や異職種にチャレンジし、結果として成功事例が増えているのは歓迎すべきことだと思います。
以上
 
PR
PR