モウレツ営業マンはもう古い 顧客をつかむ最新の手法を伝授|NIKKEI STYLE

15コメント 2021-06-18 06:31 NIKKEI STYLE

ツイッターのコメント(15)

こういった現状のカウンターとして、この記事かと
野村式営業やめておいてよかったぜ。

以前なら、「フットワークの軽さ」「顧客と仲良くなってリレーションを深める」といった能力も評価されましたが、最近では「ビジネスプロデュース力」が注目されています。
デジタルマーケの発達で相対的に(ただ)営業するという行為の価値は下がっているのは事実。
これからますます需要の高い営業マンとそうでない人の差は開く。
コロナ禍で、営業職採用で問われるスキルは変化している。

以前は、フットワークや愛嬌の良さが重視されたけど、今は、自分の成功を分析し、ノウハウを言語化し、再現が出来る様にしておく事が重要です。

 :
科学的に捉え、創造型仕事に:日本経済新聞
ということは、逆を言えば、「猛烈営業マン」的な要素も出せれば、それだけで優位になれるってことね。確かに「ビールのラベルを上に」的な所作は面倒くさいことの極みだけど、人生においてはそういった面倒くさいができるか出来ないかで決まる瞬間もあることを知らないとね!
大変なイメージも多いけど、営業のスタイルも変わってきてるのかぁ…
小売店、飲食店で身につけた接客スキルを活かし、「インサイドセールス」や「カスタマーサクセス」に転職。コロナ禍で仕事を失った方や、今後のキャリアに不安を覚えている方は、これを機に検討してみてはいかがでしょうか。
ずっとだけどね
会社:メモ:「 科学的に捉え、創造型仕事に」
割とベタな論だけど、営業部門に身を置くデータサイエンティストとしては我が意を得たりという感想。今やaccount managementは、顧客のビジネス全体にプラスの影響を与える総合的かつevidence-basedな取り組みだと思う /
日経スタイルの記事に、すこーしだけ私も登場しています。よろしければご覧ください!
営業職採用で求められるスキルがどう変わってきている。以前なら、「フットワークの軽さ」「顧客と仲良くなってリレーションを深める」といった能力も評価されたが、最近では「ビジネスプロデュース力」が求められる。
以上
 
PR
PR