TOP > ネタ・話題 > 「疲れをためない」暮らし方 コロナ時代に6つのコツ|NIKKEI STYLE

「疲れをためない」暮らし方 コロナ時代に6つのコツ|NIKKEI STYLE

12コメント 2021-01-11 06:17  NIKKEI STYLE

未曽有のコロナ禍によって、私たちの生活は大きく変わった。外出時には夏でもマスクを着用。ビジネスの現場ではオンライン会議が普及し、テレワーク(在宅勤務)も増えている。そんな中、「たいして動いてないのに、...

ツイッターのコメント(12)

この手の話題を読むとさ、自分がもう死んでいるんじゃないかと思うよ。
ただでさえ歩行時間が日本より短くなるフィリピン生活。コロナ禍でなおさら。
 
#フィリピン #運動不足 #健康 #ウィズコロナ
疲労因子がある程度たまらないと、
疲労回復因子が生成しないんだって。だから、運動した方が逆に疲れが取れるんだって
座りっぱなしだと骨への負荷が少ない。

■座りっぱなしの生活は命にかかわる
人間も動物。キープ・ムービングが自然な状態であるということを忘れてはならぬ。
今の時期には一番大事かも。
「電話などで人と話すのも一策」
ちょっと話すのも、難しい状況って感じなんですね。確かに、家族がいなければ、その可能性高いか。
これはぜひ参考にしたい( ̄▽ ̄)
パソコン台を買おう。
①座りっぱなしを回避する
②前かがみにならない
③目を酷使しない
④仕事やスマホから完全に離れる時間を作る
⑤人と直接話す時間をなるべく確保する
⑥適度な運動をする

分かっていてもできてないな😅
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR