TOP > ネタ・話題 > 理系の女性研究者、なぜ日本は少ない 天文学者の実感|U22|NIKKEI STYLE

理系の女性研究者、なぜ日本は少ない 天文学者の実感|U22|NIKKEI STYLE

24コメント 2020-10-08 06:32  NIKKEI STYLE

文筆家・川端裕人氏がナショナル ジオグラフィック日本版サイトで連載中の人気コラム「『研究室』に行ってみた。」。今回転載するのは理化学研究所の坂井南美さんに星や惑星のはじまりについて聞くシリーズです。壁...

ツイッターのコメント(24)

"科学研究の能力に性別が関係ないことは、様々な報告や研究で明らかになっているはずだけれど、特に数物系での少なさは「何かがおかしい」と思う"
「物理学科の女性が2パーセントとか、やっぱりありえないですよね。コップの中の冷たい水が何もしていないのに急に沸騰しないのと一緒で、外的要因を加えなきゃありえません」。とてもユニークでわかりやすい表現。
オランダに研究所のセミナーへ行ったら参加者(研究者)の9割が女性だった
@Rsider 誤字を見付けました。


>坂井さはんかなり実感を込めて語った。
「これは、完全に親ですよね。
結婚した後に子どもを産んでも復帰できるためには資格が欲しいと。だから、どうせ理系に行くんだったら医師や薬剤師だろう、と」
学部(機械系、男:女=11:1)の研究室配属、女子が志望する研究室って大体決まってたイメージある。風土って大事。
学生時代、生物系>化学系>建設系>情報系>電気・機械系の順に女子が少なく電気・機械系は0でした。JICAの発展途上国の若手官僚(欧米で高等教育を受けた人が多い)向けイベントで説明をした時も、なぜ日本は女性技術者が少ないのか聞かれ困った記憶があります。
女性で天文学者なんて凄いなーと思ってしまった私のこの感覚も、日本ならではのものなんだよね。宇宙関係の番組見てると、海外では女性の研究者、いっぱい出てくる。それが普通になればいいね。
天文学者の実感: 日本経済新聞

オラシッテルダ
女性はリアリストだからダ😉
「ひとつ言えるのは、周りが何と言おうが、やりたいものはやりなさいっていうことですね」
弊学科(慶應義塾大学理工学部物理学科)では過去15年以上、女子学生は全体の10-15%(それでも少ないですが)。一体2%とはどこの学科だろう(早稲田?東大本郷?)
「親の刷り込み、社会の刷り込み、というのはあると思います。やっぱり小中高ぐらいのときから、『女子は文系』みたいな圧力がありますよね。」
自分の子どもに対する態度の確認。これは大丈夫。
ITエンジニアの世界に限らず、日本は「理系の世界=大半が男性」のイメージが強いですね。ただ、ITエンジニアに関しては最近ちょっとずつ女性の割合(存在感?)が増えてきた気がします。
すごく共感できる記事
制度上の問題がないのに非対称になるのは小さい頃からの刷り込みが大きい
本当にその通りだと思う
理系女子は小学校、中学校で頭が良すぎることや
友だちとの距離感や付き合い方で、消耗することがあるんです。学習の進度が違っていい、学校はどんな風に過ごすか?変化が必要。
「雑務はしなくていいから、あなたにしかできないサイエンスに専念してください」
↑これは男女関係なく上司たるものそういう環境を作るべきなのだ
看護学を選んだことは人生の中でベストチョイスだったと思うけど、
もし自分が男だったら、悩んだかもしれないし、物理か化学を選んだかもしれない
「物理学科の女性が2パーセントとか、やっぱりありえないですよね。コップの中の冷たい水が何もしていないのに急に沸騰しないのと一緒で、外的要因を加えなきゃありえません。もちろん、統計的にはいきなり水が沸騰する確率はゼロじゃないんですけどね」
意識改革が急がれるな…
理系の女子は薬学、化学、建築系に偏ってるイメージがある。それでも男より少ない
本当は半々くらいになってもおかしくないはずだよなー

 天文学者の実感:日本経済新聞
理系の女性研究者になるつもりで研究室に入りました。

ボスから研究は教えてもらえず、先輩達の技を盗んで自己流で研究していました。
雑用も押し付けられ、男性とは明らかに対応が違いました。
《この分野で私がオランダの研究所にセミナーをしに行ったとき、参加者が9割女性で、目が点になりました。みんな研究者ですよ。30代ぐらいの方が多かったと思います。もちろん、天文学って、物理学に比べると女性が多い傾向はありますし、私の研究は化学に寄っていて、化学→
「ひとつ言えるのは、周りが何と言おうが、やりたいものはやりなさいっていうことですね」。
天文学者の実感:日本経済新聞
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR