TOP > ネタ・話題 > ゲイツ氏警鐘 コロナワクチン国家間格差、死者倍増も|ナショジオ|NIKKEI STYLE

ゲイツ氏警鐘 コロナワクチン国家間格差、死者倍増も|ナショジオ|NIKKEI STYLE

12コメント 2020-10-12 03:52  NIKKEI STYLE

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチンを富裕国が優先的に確保すると、各国の人口に応じて均等に配布した場合に比べ、死者数が数十万人単位で多くなる可能性があるとする報告書を、米マイクロソフ...

ツイッターのコメント(12)

ワクチン開発の進展が追い風、昨夜のNYダウ800超ドル高。
高値は2万5,000円超え、日経平均65.75円高❗️

米ファイザー製ワクチンは超低温保管が必要で輸送が課題。

誰にどのように渡るのか❓開発→分配へ問題はシフトする。
分配でしくじれば相場の向かい風になりかねない。
って日本語の「政治経済」とは違って、もう少し「政治的に動く経済」みたいな意味を含んでいるんだけど、国家間格差、不公平な配分、援助の問題とかって、政治的でもあり経済的でもあり哲学的な問題でもあって深い。
富の偏在が激しくなっている
偽善者のワクチンビジネス~🎵
元が取れなきゃ困る💦💦

ワクチン買ってよ~😃

お願いだから買ってよ~(´;ω;`)

 コロナワクチン国家間格差、死者倍増も : NIKKEI STYLE
ワクチン接種した国としてない国で違いが出たらバレちゃうからね
お前が原因やw
何処で罹患するかなんて、わかんないからね。
世界中に普及させないと
U・ω・U
 コロナワクチン国家間格差、死者倍増も : NIKKEI STYLE
「発展途上国を支援するのは、人道的、戦略的な理由からだけではありません」とゲイツ氏は言う。「そうすれば通常の生活に戻ることができるという、利己的な理由もあります」
コロナワクチン国家間格差死者倍増も:日本経済新聞

新型コロナウイルス感染症のワクチンを富裕国が優先的に確保すると各国の人口に応じて均等に配布した場合に比べ死者数が数十万人単位で多く
ビル・ゲイツ氏と妻の慈善団体「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」発表
「富裕国は公平なワクチン配布に力を注ぐべきだと氏は主張している。世界のどこかにCOVID-19が存在する限り、世界中でパンデミックの影響は終わらないからだ」
新型コロナウイルスのワクチンを富裕国が優先的に確保すると、各国の人口に応じて均等に配布した場合に比べ、死者数が数十万人単位で多くなる可能性があるとする報告書を、米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏と妻の慈善団体「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」が発表した
コロナワクチン国家間格差、死者倍増も:日本経済新聞
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR