TOP > ネタ・話題 > 空室は増え、トレンドも一変 都心オフィスの新常態|MONO TRENDY|NIKKEI STYLE

空室は増え、トレンドも一変 都心オフィスの新常態|MONO TRENDY|NIKKEI STYLE

12コメント 2020-09-19 09:09  NIKKEI STYLE

「空室ゼロ」「完全な売り手市場」だった都内のオフィスビル市場が新型コロナウイルスの影響で、一変しています。オフィスの賃料を決める指標になるのが、空室率です。特にオフィスビルが集まる東京都心5区の空室率...

ツイッターのコメント(12)

コロナ禍の影響を受けて、
オフィスのトレンドも確実に変わる。
空室や賃料の変動は10月以降に。
またオフィスに求める"トレンド"も秋以降に変化の傾向が顕著になる、との由 (u_u)

 都心オフィスの新常態|MONO TRENDY|NIKKEI STYLE
都心
空室増え
トレンドも一変 
:日本経済新聞
本社は経営陣とその取り巻き、そして管理部門の一部だけ、その他はサテライトオフィスが良い気がします。

ただその前提としては、サテライトオフィスが各地にあることですけどね。

リモートワーク自体は、いろいろデメ...
>空室になった規模でいうと、直近1カ月だけで見ても、都心5区全体の空室面積が20万7900平方メートル増えました。これは、東京ドーム4.5個分にあたります

 : NIKKEI STYLE
: NIKKEI STYLE

> 渋谷はIT企業の多い地域。現在もグーグルの日本法人や、サイバーエージェント、DeNaなどがあります。

誤字、誤字〜!
オフィスのサードプレイス需要は変わらず増えるとのこと。
個人空間は減り、仕事に合わせて適切な場所を選べるように。

 都心オフィスの新常態:日本経済新聞
都心オフィスの新常態:日本経済新聞
都心のオフィス賃料は必ず下がる。数年はその傾向。反転するにしても先ずは底を打たないと駄目。一旦は移転や縮小、分散が始まり、その結果次第で再び回帰するかも。暫くは様子見。この機会に改修は進む。
これまでのオフィスはもうだんだんと不要になるし、価値観が変わったのだから、空室を埋めるには何か違う発想が必要何だろうな。

つうか、サードプレイスは
VR上でつくれば、いいと思う。
オフィスは無くならないに一票! その役割を変え、ハブ&スポット&在宅が主流になる。ハブである本社は、リモートとの接続を前提としたフリーなディスカッションスペースのみになっていくはず…^_^
うん、レンタルオフィスのサイトとか見てても、空室はなんとなく感じる。 / (NIKKEI STYLE)
10月以降は増えるでしょうね。
あとコワーキングスペース的なものが今は東京に集中していますが、今後は地方にももっと増えると思います。
郊外型の駐車場付きコワーキングスペースとか、高速のSA隣接のコワーキングスペースとかは需要ありそう。
オンラインの推進で、さらに空室率が増えそう。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR