TOP > ネタ・話題 > 広がるマイクロプラスチック汚染 海からも空からも|ナショジオ|NIKKEI STYLE

広がるマイクロプラスチック汚染 海からも空からも|ナショジオ|NIKKEI STYLE

10コメント 2020-09-19 04:33  NIKKEI STYLE

インド洋のモルディブ諸島には、1192の島がある。1992年、政府は、もうひとつの島を追加した。毎日500トンのごみを処分する埋め立て地として建造された人工島だ。どこであれ、島の生活には避けられない2...

ツイッターのコメント(10)

モルディブの話、衝撃的。綺麗な海を売りにした観光業で成り立っている一方で、島外から持ち込まれる消費財を適切に処分できていなかったり、それは観光業以外の他の産業が成長していないせいでもあったり、いびつな構造。
「プラスチックは、空からどこにでも落ちてきます」😱
ゴミ問題は深刻ですね。。
プラスチックに限らず、砂や砂利だって蓄積されそうだけど。究極はごみ問題ってことか
海からも空からも:日本経済新聞

便利さと引き換えに我々は何を失うのだろう。
マイクロプラスチック、空気中に舞っているのは知ってたけど…
これ翻訳文。
"研究"だけですか?

一部抜粋 :「プラスチックは空からどこにでも落ちてきます…私たちはこの問題に気づき始めたばかりです…この状況は改善せず…もっと悪化するでしょう。」

なら製造すんなや!
プラスチックが至るところを汚染しているというニュース📰
生分解性プラスチックは今後さらに注目される分野で、関連銘柄の三菱ケミカル(4188)とかは投資家としても日本人としても応援していきたい企業の1つ🏢
レジ袋有料化はあくまで大きな流れの序章だと思ってる🌊
"大きな粒子は、多くの場合、近距離しか移動せず、雨が降ると落下する。小さく軽い繊維は、大陸を横断して長距離を移動し、地球規模のちりの流れの一部となる。...多くは乾燥した天候の時に地面に落ちる広がる"

マイクロプラスチック汚染 海からも空からも: 日本経済新聞
海からも空からも:日本経済新聞
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR