TOP > ネタ・話題 > 岡田健史 役の景色が見えるようになったときは快感|エンタメ!|NIKKEI STYLE

岡田健史 役の景色が見えるようになったときは快感|エンタメ!|NIKKEI STYLE

12コメント 2020-08-05 11:59 | NIKKEI STYLEキャッシュ

ドラマ『中学聖日記』で2018年に鮮烈デビューを果たした岡田健史は、現在21歳。今年は3本の連ドラと5本の映画が公開予定だ。デビューから約1年半で「余裕」が生まれ、前回のインタビュー「岡田健史 初めてに挑戦する僕の強みは『知らない』」で触れたよう…...

ツイッターのコメント(12)

健史くんの紡ぎ出す言葉一つ一つが好き♥️俳優として担われた役、作品を大事にして自分の物にしてる✨俳優岡田健史の眩しいくらい素敵なインタビュー記事💫
ロングインタビュー(下)
日々成長していますね😊
この日のヘアスタイルといい、雰囲気といい、やっぱり好きだなー🥰❤️
転機になった奥様の珠理に早く会いたいなぁ
ま~だかなぁ
「劇場版 で演じた岩尾珠里はコスプレが趣味のダイニングバー経営者という設定だが詳細は明かされていない」
めっちゃ気になる…
ギリギリまで内緒なんだろか…話してる珠里を見たいよぉ…(ㆆ_ㆆ)マッテマス
役の景色が
見えるようになったときは快感
(日経スタイル)

期待して与えてもらった役に対しては、お芝居の神様みたいな存在に『君ならどうする?』と言われている感じ。その試練を乗り越えることで新しい僕が見つかって…その繰り返しなんじゃないかと思います。
日経エンタの記事はさすが信頼感があります。ドラマ単独のプロモーションインタビューだったりすると掛け持ちで撮影してたなんて話は出てこないのでなかなか興味深い!
健史さんのターニングポイント?

珠里君に逢えるのは
まだ先かな??
役の景色が見えるようになったときは快感: NIKKEI STYLE
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR