TOP > ネタ・話題 > その距離でタクシー使う? 運転手が考えた大人の事情|出世ナビ|NIKKEI STYLE

その距離でタクシー使う? 運転手が考えた大人の事情|出世ナビ|NIKKEI STYLE

12コメント 2020-07-19 07:33 | NIKKEI STYLEキャッシュ

夜のタクシー運転手はさまざまな大人たちに出会います。鉛筆画家の安住孝史(やすずみ・たかし)さん(82)も、そんな運転手のひとりでした。バックミラー越しのちょっとした仕草(しぐさ)や言葉をめぐる体験を、独自の画法で描いた風景とともに書き起こし…...

ツイッターのコメント(12)

川越市の「霞ヶ関」。
成増駅界隈に住んでいた当時、飲んだ帰りに東武東上線を利用した際、つり革を握って立ったまま寝てしまい、気づいたら霞ヶ関駅。
もう一つの「霞ヶ関」を知った瞬間でした。
なかなか…
「父の日なので父親にケーキを贈りたいということでした…ほどなくして女性は…僕に小さな箱を差し出します…僕にまで用意してくれたのです」イイハナシダナー/
これはタクシー運転手が駅とかで客の順番待ちをしてたわけじゃなさげだからいいかもだけど100mで降りられたら泣きたくなるんじゃないかなーとか思って複雑
最後のケーキの話ホッコリ😊

 運転手が考えた大人の事情|出世ナビ|NIKKEI STYLE
絵はもちろんのこと、文章がまた良いんだよな。⇒
なんかホッコリしました(笑)
ほっこりした。

 運転手が考えた大人の事情:日本経済新聞
懐かしい景色につられて読んだら最後に心がほっこりしたぞ。
タクシーは時間短縮のために楽に移動したいだけだと思っていたけど、忙しさを演出するために使うということもあるのか。

この記事とは関係ないけどジョブ理論に通じる話だった。
仕事との素敵なお付き合いの仕方。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR