TOP > ネタ・話題 > コロナワクチンでカブトガニ危機? 企業が頼る青い血|ナショジオ|NIKKEI STYLE

コロナワクチンでカブトガニ危機? 企業が頼る青い血|ナショジオ|NIKKEI STYLE

24コメント 2020-08-03 05:56 | NIKKEI STYLEキャッシュ

毎年春になると、満月に導かれて何十万匹というカブトガニが産卵のため米大西洋沿いの砂浜に上陸する。お腹を空かせた鳥たちにとっては、ご馳走。製薬会社にとっては、医薬品の安全を確保するために必須の資源だ。カブトガニの青白い血液から得られるライセ…...

ツイッターのコメント(24)

あーおいち
貴重だべ
カッ、カブトガニーッッ!!知らなかった!

企業が頼る青い血:ナショジオ
カブトガニは外国では天然記念物ではないのか?

企業が頼る青い血|ナショジオ|NIKKEI STYLE
コロナ関係なく危機だな
小学校の国語の教科書ぶりに聞いたでカブトガニ‥‥
ナショナル・ジオグラフィック「 企業が頼る青い血」。コロナに対する闘い。ワクチン開発は人智だけではない。カイコやカブトガニ、まさに自然界総動員態勢。
2ページ目にあるカブトガニからの「青い血」採取シーンが非常にマッド感…
採血風景がSFチックで怖い
増やすという発想はないのか/
ふ〜ん、アメリカにもカブトガニがいて、青い血には細菌内の細胞壁に含まれる毒素)を検出できる唯一の天然資源が入っているそうだ。また卵を食べ成長する魚、鳥も多いようだ。
カブドガニの血液が、細菌内の細胞壁に含まれる毒素を検出するための試薬に利用されているなんて、全く知らなかった。
世界中の製薬会社が頼る😱
  青い血 : NIKKEI STYLE
現代医療がカブトガニに支えられていたとは
鯨やイルカより、カブトガニの方がよっぽどかわいそうだろ。この問題こそ取り上げたらいいのになぁ。
代替品が認可されたはずでは?と思ったら「しかし、2020年6月1日、米国内の医薬品等の科学的基準を定める米薬局方では、未だ安全性が証明されていないとしてrFCをライセートと同等には扱わないとされた」と
全世界の運命が このカブトガニの血液から得られる試薬にかかっているとは...。
#コロナワクチン
これマジか😨?
と思って調べたらマジだった💦
日本ではなかなか見ないけど海外でも数年前から個体数が減っているらしい💧
“製薬会社は毎年およそ50万匹のアメリカカブトガニ(Limulus polyphemus)を捕獲し、血液を採取したのち海に返す。だが、多くの個体はその後死亡する。” →
王蟲の青い血だ!
人類はカブトガニがいないと生きていけないのか…
カブトガニ、デラウェアにたくさんいたなぁ
意外なところに影響が出てる
ヾ(・ω・`;))ノぁゎゎ
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR