TOP > ネタ・話題 > カレーは週3回食べる 専門医がやっている認知症予防|ブック|NIKKEI STYLE

カレーは週3回食べる 専門医がやっている認知症予防|ブック|NIKKEI STYLE

15コメント 2020-07-02 05:22 | NIKKEI STYLEキャッシュ

食事や運動など生活習慣に気をつけると、将来、認知症になるリスクを下げられることが分かってきた。しかし、今はまだ、実際に認知症予防を意識した生活を送っている人はそれほど多くはない。そこで、『医師が認知症予防のためにやっていること。』(日経BP…...

ツイッターのコメント(15)

カレーを食べるとボケにくいって本当ですか?
社会的動物は本来25時間サイクルどぇ〜す…なんてのが認知症予防のデカい問題だとも感じてるけど。

24時間サイクルって、ダメみたいなんですよコレは。

マスヲ
これ、TVで9年位前に蛭子能収さんに試してたんだけど蛭子さん一週間カレーを毎日1食は食べるって事すら忘れてた。
元ネタはこれか。

 専門医がやっている認知症予防|ブック|NIKKEI STYLE

つまり、イチローはボケないということで。
「カレーを食べる人は認知症のリスクが少ないという結果が出たのです(Am J Epidemiol 2006;164:898-906.)」
みんなカレーを食べよう⤴︎︎⤴︎︎
カレー好きには、うれしい話
カレー🍛なら毎日食べても飽きないね
でも、塩分はどうなんかなああ
専門医がやっている認知症予防:日本経済新聞
『医師が認知症予防のためにやっていること。』著者 : 遠藤 英俊
ターメリックには、『クルクミン』というポリフェノールの一種が含まれており、これがアルツハイマー型認知症を防ぐ働きがあるのではないかと考えられています。
『医師が認知症予防のためにやっていること。』著者に聞く
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR