TOP > ネタ・話題・トピック > NIKKEI STYLE > 厚生年金の支給開...

厚生年金の支給開始年齢 2030年度から全員65歳|マネー研究所|NIKKEI STYLE

17コメント 登録日時:2018-12-22 09:17 | NIKKEI STYLEキャッシュ

公的年金の支給開始年齢は原則として65歳です。ただし厚生年金は65歳に向けた移行期間中のため、当分の間、65歳未満でも一部を受け取ることができます。最近ではもらい始める年齢を本来より繰り下げたり繰り上げたりする仕組みも注目されています。年金を受…...

Twitterのコメント(17)

就職当初55歳から支給されると言われ払い続けてますがこれって詐欺罪ですよね?
へぇそう。2030年って、63歳か。じゃらおいらもそれだね。|
年金制度には受給開始の時期を60~70歳の間で自由に選べる仕組みがあります。時期を65歳より早めることを繰り上げ受給といい、もらえる年金月額は減ります。反対に時期を遅らせるのが繰り下げ受給で、年金月額は増えます。
2030年度から全員65歳:日本経済新聞
もう破綻していて現段階で45歳以下はもう今の御老人を養うために払っている
税金は義務ですから使い方云々ではなく払わないといけないけど意義はない……
長生きの人は良いけどね
生きてる間は元気に楽しく働くよ。ただ働けなくなったらしっかり国で支えてくれ。

 2030年度から全員65歳:日本経済新聞
まぁ、年金支給期間を減らしたいんでしょうな。(高額受給者への支給額をカットすればいいのに、そういうことはやらないんですかね? 現役時代に酷いめに合うと、老後も酷いめにあうというのは社会的正義なんですかね?)
早くこのゴミシステム何とかしろよ笑
人間らしい生活が!私のまともな人生計画が壊されて遠くなって行く!
年金支給はじめの年齢65歳に統一
よかった!!
70歳よりよかった!!
支給開始年齢の段階的な引き上げと、繰り上げをごっちゃにしてる人達が多いなぁ。
これと同様の事を何度もされ、就職して年金保険料を天引きで払い始めた時点の受給条件を大きく変えられ受給開始時は大きく下げられた。行政の出鱈目さには腹が立つ。
支給と受給の使い分け、難しいですよね(この記事のポイントはそこじゃない /
60歳定年とすると、男性は2020年度以降の定年者から65歳まで雇用、65歳から年金。18〜19年度定年者は64歳、16〜17年度定年者は63歳、それより前の定年者は年金開始済み。やっと覚えれそう。
65歳未満でも受け取れる
「特別支給の老齢厚生年金」

年齢が若いと特別支給はありません。

生年月日でみて男性は1961年4月2日、
女性は66年4月2日以降だと対象外です。
以上

記事本文: 厚生年金の支給開始年齢 2030年度から全員65歳|マネー研究所|NIKKEI STYLE

関連記事