TOP > ネタ・話題 > 雪が招く外資マネー ニセコで土地急騰、立ち退く人も|オリパラ|NIKKEI STYLE

雪が招く外資マネー ニセコで土地急騰、立ち退く人も|オリパラ|NIKKEI STYLE

12コメント 登録日時:2018-12-10 17:24 | NIKKEI STYLEキャッシュ

北海道の「ニセコ地区」が外国人によって姿を変えている。パウダースノーを求めて世界中から集まるスキーヤーが外資を呼び込み、不動産投資が過熱。土地や住宅、ホテルが次々と外国人に買われていく。英語が飛び交う北の田舎町を取材した。「Niseko」として…...

ツイッターのコメント(12)

この場所に住んでいた人が住めなくなるのはもう危機どころではないと思う。
見れないみたいだからリンク貼っとく。
異国情緒あふれると言うか…外国?
「1000万円の物件が翌シーズンには1500万円で売れる」:
今年ニセコ行ってみようと思っていたのですが、こんなにすごいんですね。|
24、5年前に4年ほど倶知安に住んでいたけど、まさかこんなに様変わりするとは…。
坪単価200万超えって…
ニセコは将来の白馬と言えるのでこのあたりの動向をよく見ておくべき。エコーランド区の新築ラッシュとかほんとニセコ化が進んでると思う。 / “ ニセコで土地急騰、立ち退く人も|オリパラ|NIKKEI STYLE”
ニセコ、不動産バブルはどこまで続くのか?いくらゲレンデには高いとはいえ坪200万円は異常!
#民泊 大好き、#シュアリングエコノミー 大好きの日経新聞さんから、「雪が招く外資マネー」なる記事がでた。これって、日本のどこでも起こりうる事象だよね。外国の事例を参考にして、そろそろ、軌道修正したらどうでしょうか?それとも内緒で土地でも買ってあるの?
パスポート無しで海外旅行気分が味わえるニセコ町、倶知安町。当然問題も山積みだよね。でも夏は億ションを安く借りられるのが嬉しいし、おいしいし楽しいし涼しいし景色はいいしで大好き。
倶知安駅で降りた乗客は全員がオーストラリアなど海外から来た若者だった。スキー場で働くのが目的だ。周辺ではバーのメニューからドラッグストアの看板までほとんどが英語表記だ
以上

記事本文: 雪が招く外資マネー ニセコで土地急騰、立ち退く人も|オリパラ|NIKKEI STYLE

いま話題の記事