TOP > ネタ・話題 > なぜ「ゴルゴ13」? 外務省・海外安全マニュアル|エンタメ!|NIKKEI STYLE

なぜ「ゴルゴ13」? 外務省・海外安全マニュアル|エンタメ!|NIKKEI STYLE

19コメント 2018-03-02 08:10 | NIKKEI STYLEキャッシュ

 人気劇画『ゴルゴ13』とコラボした外務省の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアルが話題を呼んでいる。実際に連載で使った原画を活用し、厚さや紙質なども本物にそっくりな装丁。ゴルゴファンからも「ぜひそろえたい垂ぜんの1冊」として問い合わせが…...

ツイッターのコメント(19)

(省内の)マニアの仕事じゃねーか!!(^^;▼まったくの書き下ろしではなく、ほとんどの部分が既刊からの切り張りだったのね / “ 外務省・海外安全マニュアル|エンタメ!|NIKKEI STYLE”
あ、そうだったんですね(ФωФ)
なぜ「ゴルゴ13」?
ツッコミどころ満載すぎる制作舞台裏話。まさか作者は時間がないので外務省職員が作画を切り貼りして制作(でもなぜか土日)していたとは。
紙版は着払いなら外務省から送ってもらえるのか。映画好きの担当氏が切り貼りで作った裏話もいいなー。>
マスターキートンバージョンも見たかったが、お堅いパンフじゃない前例を作って頂いた功績は認めたい。
外務省の海外安全マニュアルは当初MASTERキートンを想定してたそうです。

 外務省・海外安全マニュアル|エンタメ!|NIKKEI STYLE
コマを切り貼りして原案作成に半年!執念だ!有料で販売してもいいのにね>
「そこで江端さんは「発表済みの作品から好きな部分を抜き出して使っても構わない」という許可をもらい…」
これはやりがいのある楽しい仕事だったに違いない。
>
>幅広い層なら『ゴルゴ13』 『マスターキートン』から変更
外務省・海外安全マニュアル:日本経済新聞
これマスターキートン版も見たかったなー
外務省・海外安全マニュアル:日本経済新聞
マスターキートンでも良かったぞ
うーん、予算が許せばMASTERキートン版も見たかったなぁ
外務省の海外安全マニュアルに「ゴルゴ13」を起用した裏話が楽しめます。
企画当初はマスターキートンと争ったのか…
浦沢直樹バージョンも見てみたかったなぁ。幅広い世代にウケる、というよりもインパクト勝負ではやっぱりゴルゴですかね^^;
これ国際的に活躍してる設定のゴルゴ13ゆえに上手くコラボ出来てるのだと d(^_^o)
これは読むべき
“現在でも「着払い」でならば外務省から送付しているそうだ。”
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR