海外の演出家が「ダメ出し」をしない理由(井上芳雄)|エンタメ!|NIKKEI STYLE

67コメント 2018-02-17 07:53 NIKKEI STYLE

 井上芳雄です。今年は海外の演出家による新作が続きます。2月5日まで上演していた『黒蜥蜴』(くろとかげ)の演出は英国のデヴィッド・ルヴォーでした。堂本光一君との共演で7月に開幕するミュージカル『ナイツ...

ツイッターのコメント(67)

なんでも海外では
ダメ出しはしないんですって
海外の演出家は指導するのではなく
俳優に気づかせるように働きかけるらしい

なので、ダメがあったら「Note(提案)」
という言葉を使って伝えて言ってるみたい。
この考え方、日本の演劇界に広まって欲しいな。
@mindcoach6 海外を真似て、「ノート」はどうでしょうか✨
私も次の公演から使いたいと思っています♪
ライブの稽古はこうあってほしいなあ。恫喝なんかじゃなく。/海外の演出家は、とにかく褒めます。…頭ごなしに否定することはありません。言い方の問題なのですが、それはとても大事なことだと思います。/
「ダメ出し」について。こういう考え方もあるのか。
井上芳雄さん、ラジオでのトークがめちゃくちゃ面白いけど、この記事もふむふむって感じで良いね。
今回、奥田さんの演出はこんな感じの印象ですー。
褒めて、いいねをたくさん伝えてくれて、その上で提案をしたりという感じ。
で、色々たくさんすり合わせをして。
あと常に楽しそう。
だから楽しい。
見終わった後とりあえずクールって言って一旦受け入れてくれる某先生大好き(笑)
僕もオペラの演出をする時は基本的にダメ出しせず「いいね!出し」するようにしています。あ、ボイトレもそうだな…。
ふむふむ。
ダメ出しがないと不安で何か言って欲しい、って思っちゃうけど、
何度も繰り返し試行錯誤+適切なタイミング・的確な助言…が実際のところ身につくのも分かる。
単純に褒められるの嬉しいし。

海外の演出家が「ダメ出し」をしない理由(井上芳雄)|エンタメ!|
 

 
PR