TOP > ネタ・話題 > うつ病で苦しむ人たちへの助言 自殺未遂の体験から|出世ナビ|NIKKEI STYLE

うつ病で苦しむ人たちへの助言 自殺未遂の体験から|出世ナビ|NIKKEI STYLE

27コメント 2017-04-23 09:41 | NIKKEI STYLEキャッシュ

 世界でもトップクラスの教授陣を誇るビジネススクールの米スタンフォード大学経営大学院。この連載では、その教授たちが今何を考え、どんな教育を実践しているのか、インタビューシリーズでお届けする。今回はJ・D・シュラム氏の3回目だ。 日本は先進7カ…...

ツイッターのコメント(27)

>抑うつ状態から解放されるのに最も効果があるのは、とにかく専門家と話すことです。自分の苦しい内面を明るみに出さない限り、うつ状態からなかなか抜け出せません。
日本は先進国の中で自殺が最も多い国。めちゃくちゃ社会が歪んでるからそりゃそうなるわな。
心が苦しくなって医者に行くとクビになる仕組みのわが社とは無縁の話だね。わが社では心療内科などに行くことそのものが禁止されているから酒とドラッグが正しい療法。
そもそも仕事しすぎて忙しい、、、資本主義の仕組みを追っかけすぎなんでしょうね!!

そして仕事で疲れているから、時間がないから、ファーストフードや、コンビニ食で餌のように食餌をする、、、
それでお...
そうかな・・・? どうかな・・・? wondering what I should say about this issue.
簡単に言いやがって、と思いましたが、的確すぎてぐうの音も出ない。
抑うつ状態に最も効果があるのは、医師など専門家に内面を話すこと。ネット上で傷を舐めあっていても逆効果。  >
支えを持つ事、支えに気付く事。
なるほどなあ…と思った
やさしそうな言葉にあふれた記事

ただ一点、理解のある職場って、この国のどこにあるのだろう
うつ病は人種によっても違うので、白人の、経営学の教授の話なんて参考にすべきではない。
仕事と職場が大きな要素を占めていると思う。
「信頼できる医師の指導に従う」「理解ある職場でやりがいを感じることができる仕事を」,確かに。 QT @nikkei: うつの人へ スタンフォード人気講師の助言
精神系やられて辞めたひとを雇うなという暗黙のルールがはびこる日本では、うつで死ぬのではなく社会で死ぬという感じ。
それはおもってたで!せやなわかるわかるは、悪い方向に行くなと、な。
やはり、カウンセリングは有効なのかぁ。
今度、クリニックでカウンセリングについて聞いてみよう。
抑うつ状態から解放されるのに最も効果があるのは、とにかく専門家と話すことです。/おいおい。 / “ 自殺未遂の体験から|出世ナビ|NIKKEI STYLE”
復帰したいって気持ちはあくまで「会社員に戻りたい」って気持ちが大きいな。
元部署で今までの仕事に立ち向かっていけるかは不安だな。相談してみよ。
うつとかのメンタル系から復帰して普通に仕事できても、絶対昇任させない壁があるからね、日本は。

役場が率先してメンタル復帰組を退職追い込み部署に押し込んでるんだから、民間で真似する所が増えるのは当たり前だよ。
"抑うつ状態から解放されるのに最も効果があるのは、とにかく専門家と話すことです。"
うつに苦しむ人への助言 世界が涙したTEDトーク「自殺未遂者~」の大学教員
抑うつ状態から解放されるのに最も効果があるのは、とにかく専門家と話すことです。自分の苦しい内面を明るみに出さない限り、うつ状態からなかなか抜け出せません。
★「TED」って米NPOがヤフーに凄い量の出稿してるけど。お金は誰が出してるのかな?。宗教団体の宣伝かとも思うけど、大学の先生迄出演する。何だか馴染めないなw。「商売ですから〜」ですか…。
備忘。
自尊心は仕事をつうじて「も」高まる、ということだと思うけど。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR