TOP > ネタ・話題 > 小児の放射線被曝を防ぐ 医療検査は低線量・エコーで|ヘルスUP|NIKKEI STYLE

小児の放射線被曝を防ぐ 医療検査は低線量・エコーで|ヘルスUP|NIKKEI STYLE

4コメント 2020-09-25 20:58  NIKKEI STYLE

コンピューター断層撮影装置(CT)検査など放射線を使った医療行為による日本人の被曝(ひばく)量が世界で最も高い水準にある。特に小児は成人よりも放射線の影響を数倍受けやすく、がんや発育上のリスクが高い。...

ツイッターのコメント(4)

心臓は、電気で動いている。

心臓は、その一生の間リズムよく動いていますが、なぜ動くのかというと、洞結節という「電気を作る発電所」から流れる電気によって動いています。
CTを導入すると病院側がやりたがるんだよね。
おそらく放射線被爆量とか考えていない。
オレが通院している所もそう。
まぁオレはおっさんだからいいけどさ。
ちなみに10/1にCTをやります 笑。
「環境省によると、日本の年間の医療被曝量は3.87ミリシーベルトで、世界平均の0.6ミリシーベルトを大きく上回る。」

いわゆる「桁違い」です。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR