TOP > スポーツ > 「大坂なおみのマスク」に日本の多くの選手が沈黙。高橋美穂「残念です」|テニス|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

「大坂なおみのマスク」に日本の多くの選手が沈黙。高橋美穂「残念です」|テニス|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

「彼女の取った行動についてどう思いますか?」  先日、アメリカの『TIME』が「世界で最も影響力のある100人」を発表し、2年連続で選出された大坂なおみ。 9月にニューヨークで行なわれた全米オープンに...

ツイッターのコメント(129)

米国でのBLM運動は中国共産党が関係する団体が行っている政治運動です。事件の真相を明らかにすべきです。
未だにスポーツの目的として「一体感を涵養する」みたいなことを平気でいうし、未成年者の選手を使い潰しておいて美談扱いするお国柄だからなあ。このヒドロ虫みたいに同調圧力押し付けてくるとこなくさないと、根本的に無理な気がする。
「大坂なおみのマスク」に日本の多くの選手が沈黙。


「大坂さんが発信したことは、いわゆる政治ではなく紛れもなくその人権に関しての大切なメッセージです。
東京五輪は迫害を受けた難民のチームを出場させることを宣言していたわけで、それと同じ地平のことだと思います」
そんな悪のギョーカイとは縁を切ろう。それと,賄賂問題も忘れてませんよ。
オリンピアンはしっかり研修を受けるそう。
「スポーツの本来の意義は他国の選手とメダルの数を争うのではなく、すべてのアスリートは差別や迫害と闘う。そして、オリンピアンにはスポーツとこのオリンピズムを普及させる社会的責任があると教わるのです。」
大坂なおみさんは何ヶ月もかけて自分の表現をつくってきた。高橋さんもきっとそうだ。
発言できない同調圧力る・批判させる同調圧力も等しく同調圧力だと思う。
人権教育と独立独歩であることを尊べる社会になるといい
主義主張によらず純粋にそのスポーツで戦える場を設けようと設立された近代オリンピックの意義をこんな方向に捉えるとはね。クーベルタンや嘉納治五郎に至るまで尽力した先人たちに謝ってほしい。その方々の築いた歴史への冒涜でもあると思う。テニスで何か差別受けたわけ?
笑える。
反論言うだけの度胸と知恵があるヤツがいないだけの話。
因みにナイキは金儲けのためだよ。
こいつどうも嫌いだわー。

試合中にラケット平気で投げるし蹴り飛ばすし。

立場置き換えたらギターとかベースにそんなんする奴は好きになれんわ。
感想文を記事にして金を稼げるのか?すごいですね。

沈黙しているアスリートに賛同します。
見落としていたけど木村元彦の記事だったのか。ストイコビッチやオシムを始めとしてずっとスポーツと政治の関わりを追ってたからそりゃこの件も扱って当然か。
/「大坂なおみのマスク」に日本の多くの選手が沈黙。高橋美穂「残念です」|
高橋美穂「残念です」|テニス|集英社のスポーツ総合雑誌

大坂選手の行動自体は称賛されるべきです。
しかし真実は一つ。日本の選手は真実を確認してから発信を考えているのでは。皆さんが事なかれ主義では無いと思います。
オリンピックに参加するようなトップアスリートは、スポーツは人権問題の解決に取り組む事が目的と学ぶらしい。差別や迫害と闘うというオリンピックの精神を普及させる社会的責任もあると。これこそ、大坂選手が実践したことではないか。日本選手の沈黙は残念の一言。
[ Sportiva]「大坂なおみのマスク」に日本の多くの選手が沈黙。高橋美穂「残念です」


「ここで高橋は兵庫サッカー協会の元事務局長が在日コリアンの関係者に対して差別的な言動をしていたという事件についても言及した。…

 「…兵庫県サッカー協会の会長は、…
"国内外の複数のメディアの記者が日本のトップアスリートたちに冒頭の問いに対するコメントを取りに向かった。ところが、アプローチをすると、ほとんどの選手が無回答だったという。是でも非でもなく沈黙なのだ"

字を読むのが苦手だから
彼氏をコートによんでFsignしてた件にはだんまりですか?
当たり前だろ? 日本は当事者でもなければ、SPに政治は持ち込まない コリアと同じ発想になる。米育ちのアフリカ系の彼女は当事者なんだろうが…:

「大坂なおみのマスク」に日本の多くの選手が沈黙。高橋美穂「残念です」|テニス|
全米オープンでの「大坂なおみのマスク」に日本の多くのアスリートが沈黙するなかで、バルセロナ五輪テコンドー日本代表、高橋美穂さんのオリンピアンとしてのコメントに勇気と希望が湧きます。

真のアスリートスピリッツを体現する高橋さんに心からの敬意を!
スポーツに政治と人権を持ち込んだお頭の悪い人。
それを称賛する同じくお頭の悪い人達。
スポーツにおける政治と同調圧力
黒人差別は日本の問題でないし、ラッパー彼氏の影響ってのも微妙。
BLMの政治的要素も強く賛同しづらい。
日本人は黒人差別より、香港や新疆ウイグル問題の方が重要だと思う。
今後、「香港加油」と書かれたマスクした選手が現れてもらいたい。
組織の体制に従順な考え方が、例外的な行動を許さない。結果、特徴のある発言をすると村八分にされてしまう。自由に発言できる社会にするには、やっぱり政治や企業体質の変化を待つしかないのかな。。

「大坂なおみのマスク」に日本の多くの選手が沈黙
同調圧力を体現しててワロタ
狂った日本人の多さを世界から見たら、気持ち悪くて関われないと言う結果だ
政治・教育・企業にある日本独自の体育会系文化に問題がある気がする。
日本にもまともなアスリートがいるんだね。
腐ってるのは協会のほうだね。
アジア人を襲撃しまくっとる連中に賛同しろ言われてもな。
なんて中身が無い記事で中身が無い人間なんだろう

だったらデモに紛れての略奪や暴力にも言及しなよ。都合の悪い事は見ないふり聞こえないふりしてるから批判されてんだろ
おそらくこの子は悪気なくやってるのだろうがそのために多くの人を傷つけたという事実が後に彼女を苦しめるかもしれないね
日本では、「アスリートは競技だけやってりゃいい」そう思われてるんです。それってバカにされてるんですよ。アスリートにとって、それはとても無礼な事だと思いますけどね。
この記事はすごく賛成。
スポーツは、人権尊重や人種差別を無くした平和の象徴としての活動として認識できるはず!
これ、タイトルが誤解を招いちゃいますよね。

実際の内容は、日本の多くの選手が沈黙していることが残念だ、もっと積極的に差別には反対だと発言しろ、ということ。
「大坂なおみのマスク」に日本の多くの選手が沈黙。高橋美穂「残念です」テニス|
『オリンピックが政治主張の場になれば、もう見ない。人権は政治でないと言い張る様な事があっても同様だ。そんな悪いことをした大坂なおみが嫌いだ。』
やはり木村さんの記事だった。ガチである。兵庫県サッカー協会は猛省すべし。

沈黙って、インタビューをどこで
何人くらいしたんだろうね?
インタビューの度に俯いて何も答えなかったんだろうか‥
高橋さんって誰?(⌒-⌒; )教えて
そもそも「スポーツに政治を持ち込むな」って普遍的なルールではないと思う。記事中でも顕著なように、それはオリンピック精神の話であって、スポーツの精神は全てが五輪に結び付くべきなんて話はおかしいでしょう。
日本のスポーツ選手たちよ、高橋美穂氏を見習って声を上げよ。沈黙は差別に同意と同じ。
※中国共産党がウイグル人を100万人監禁している。
彼女はウイグル人100万人の名前のマスクをつけるかな?
良記事。スポーツ選手は政治的な発言をすべきではないというような批判があったが、大坂選手が発したのは政治的であるより前に、「人権」についてのメッセージなのである。人権を擁護し差別を否定する姿勢はむしろ、一流のスポーツ選手であるならば当然の姿勢である。
sportiva.★
テコンドー元日本代表・高橋美穂さん、ファンになっちゃう。至極真っ当でストレートな物言いが好ましい。彼女に続くアスリートも男はダメで女ばかり。しかし山下JOC会長には落胆しきりだわ
▼価値の共有を強いるのはいかがなものか…。
「大坂なおみのマスク」に日本の多くの選手が沈黙。

東京五輪も問題山積みなんやけど、アスリートの皆さんほとんどダンマリなんよね。

都合の良い時だけ「感動を与えたい」とか言うても、そら尊敬はしたくないし信用できないよw
これが日本の現実。最終的には日本の企業体質なのかな?
スポーツ界を取り巻く同調圧力に心を痛める
≪「選手たちも何をどこまで言えばいいのか、判断がつかないのだと思います。協会や所属の企業に属している以上、現在のネット社会においてトラブルを避ける傾向があります。特にトップアスリートは反響の大きさから黙ってしまう」≫
「会長が『JOC内部の人がそういう発言をするのは残念だ』と諫められました。しかし、同じ組織内でも同調する必要はまったくないと思います」

「山下会長は政治に蹂躙されてモスクワ五輪ボイコットの被害者となった背景が…スポーツに政治が持ち込まれている
「スポーツに政治が持ち込まれている、というのは、アスリートや選手出身者が政治によって「沈黙」を強いられている現在の状態のことであろう」
ほとんどの日本人がそう言うことをする事が嫌いなんじゃないですかね。
差別には誰だって反対に決まってる。本当に差別なのか、個々の事例を精査すべきだ。犠牲者が黒人の場合に限らず。記事には違和感しかない。

「大坂なおみのマスク」に日本の多くの選手が沈黙。高橋美穂「残念です」|テニス|
読んで欲しい記事
もっと見る (残り約79件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR