関係者やファンの間で批判があるマルシュロレーヌに「賞なし」の真相。歴史的偉業は無視されたわけではない|競馬|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

JRAの年度表彰となる『2021年度JRA賞』が1月11日に発表された。 その顔ぶれを見る限り、各賞とも順当に選出されたように思える。だが、1頭の馬の評価において、競馬関係者をはじめ、ファンの間でも大...

ツイッターのコメント(29)

たしかに海外での活躍が目新しい状況ではなくなっているとはいえ、このような偉業は今後そうあるわけではない訳だから、だからこその「特別賞
」だと思うんだけどな。なんてったって「あの」BCだぞ

関係者やファンの間で批判があるマルシュロレーヌに「賞なし」の真相。
これ読むともし、去年ディープボンドが
凱旋門賞勝っても特別賞はもらえないということになるな
マルシュロレーヌと同じような成績で凱旋門賞勝った馬いたらJRAはそっちには特別賞あげそう
個人的にはマルシュロレーヌが年度代表馬。アメリカのダートのG1の中のG1であるブリーダーズカップ、しかもクラシックよりもメンバーが揃ったディスタフを制したのはG1 10勝分以上の価値があると思う。ただ、特別賞を含めJRA賞の選考基準が不明確なのが一番の問題だと思う
関係者やファンの間で批判があるマルシュロレーヌに「賞なし」の真相。歴史的偉業は無視されたわけではない | アメリカ競馬のG1に泥塗ったからフォロー記事出ると思ったけど、動くと傷が開くだけのような気がするよ。8人の選定委員会って結局メディアの偉いさんか
BCを制しただけで…って感じだったのかな。Jpnは対象外?
こういう記事は尊い。
馬事文化賞にウマ娘が選ばれなかったことを批判してた人たちもそうだけど、何も知らないで感情的に物を言うのはやめた方がいい。

関係者やファンの間で批判があるマルシュロレーヌに「賞なし」の真相。歴史的偉業は無視されたわけではない
ディープの子ならJRA賞だよ。たぶん。
関係者やファンの間で批判があるマルシュロレーヌに「賞なし」の真相。歴史的偉業は無視されたわけではない|競馬|集英社のスポーツ総合雑誌
わし自身もそれまでマルシュロレーヌ号を存じてなかったライトファンだけど、この記事読む限り選定委員がアメリカ競馬を微塵もリスペクトしてないってのは分かる。
パートⅠ国が聞いて呆れる
 
PR
PR