元社長・恩田聖敬が思う「FC岐阜ではなくなった日」。留めてほしかった株式49.9%の意味|Jリーグ他|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

ツイッターのコメント(14)

大木さん解任直後の県議会の質問で「誰も責任を取らせないの?」って突っ込まれごまかす元実質的筆頭株主古田知事。
恩田さんの気持ちもわかりすぎるほどわかるしあの頃を思うと仕方ないとも思う。
これからどうしていくかが大事
スタッフやボランティア、みんな一生懸命で行く度に心地よくなるクラブだけにね、、、残念な思いが強い
やっぱり予想以上の展開だな
これを見る限りだとFC岐阜と岐阜県、岐阜市の関係は上手くいっていない?って勘繰っちゃうんだけど大丈夫?
これは重い。責任企業(責任オーナー?)の良し悪しは別として。
社友
「あくまで支配しない、FC岐阜を岐阜県に託したい」という思いを岐阜県とFC岐阜が受け取れなかった
恩田さんの記事、これは重い。。郷里岐阜でも、特にFC岐阜や岐阜新聞社の経営には、機会が与えられればいつか貢献したいと思ってる。

元社長・恩田聖敬が思う「FC岐阜ではなくなった日」。留めてほしかった株式49.9%の意味|
経営危機に絡む諸問題は長崎サポとしても他人事でなく……。
分かりやすく言えば、今の状態はFC岐阜ではなくFC藤澤になってるということですな。
金力善用の精神ですなわち生きねばねらない時はあると思うのです。いまはまったくそうではないですがね(苦笑)
考えさせられる話だな

元社長・恩田聖敬が思う「FC岐阜ではなくなった日」。留めてほしかった株式49.9%の意味
元社長・恩田聖敬が思う「FC岐阜ではなくなった日」。留めてほしかった株式49.9%の意味
元社長・恩田聖敬が思う「FC岐阜ではなくなった日」。留めてほしかった株式49.9%の意味|Jリーグ|
以上
 
PR
PR