TOP > スポーツ > 小野伸二が天才でなくなった日。「あのケガで、僕はすべてを失った」|サッカー代表|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

小野伸二が天才でなくなった日。「あのケガで、僕はすべてを失った」|サッカー代表|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

世界2位の快挙から20年……今だから語る「黄金世代」の実態第1回:小野伸二(3)前回の記事はこちら>> 1999年ワールドユース(現U-20W杯)・ナイジェリア大会。U-20日本代表は、歴史的な快進撃を披露して決勝進出を果たした。 1999年4月24日、ワールドユース決勝のス…...

ツイッターのコメント(108)

あとでちゃんと読も
イメージをマネージできなくなった時のつらさはなんとなく分かる気がする。
「過去の自分にいつまでもこだわっても仕方がない、また新しい自分を作るしかない」

悪質なタックルで大怪我をした小野さん。誰もが天才と感じた小野さんが過去に決別する話は多くのプライドまみれの選手に響くと思った記事。

小野伸二が天才でなくなった日。
このシリーズは同世代としては胸にグッとくる。高校時代に小野伸二のプレーを見た時は刺激が強すぎて、絶望感じたw
菊原志郎もなあ/
それでもフェイエノールト時代凄かったからなあ
18歳でワールドカップのピッチ立った日本人も小野選手だけだし
この話は何度読んでもしんどい。「あのケガで、僕はすべてを失った。シドニー五輪もそうだし、足の感覚だけじゃなく、サッカーのイメージ全体が消えてしまった」「『あれ、なんでだろう?』と迷いながらプレーするようになってしまった」
是非あのタックルを見舞った選手を探し出してインタビューして欲しいモノだ。
いや天才だよ。このひとは。
タイトルがすごいけど、“もしあのケガが無かったら”と思ってるサッカーファンは多いと思う。
日本サッカー史における最大級の“if”。
「悪意に満ちたタックル」 
気持ちの持ちようですね~
伸二が天才でなくなった?
いやいや、日本サッカー史上唯一無二の天才は小野伸二です。
今後伸二を超える天才の出現を期待しています。
小野伸二ファンだけでなく、サッカー好きだけでなく、読んでもらいたい。
…当時、五輪に帯同する恩師に「なぜ小野はケガが治りきらずに復帰するのでしょう。再発し悪化の一途です」と質問したら、「時間をかけて治しても以前の力が戻る補償はないから悩むところだ」と言ってた
いい記事( ´ω`〃)テレビで見てたけどあのケガは悲惨やった…でも、苦しみながらもサッカーをまだまだ楽しんでいる様子が感じられて感動した
あの瞬間は、今でもはっきり覚えてる。
アスリートにとっては自分の思うように体が動かないことが一番の苦痛だと思うけど、それを乗り越えてサッカーを楽しむ姿勢を貫いており本当に尊敬します。
一番好きなサッカー選手と聞かれて、やっぱり思い浮かぶのは小野伸二選手。
「あのケガで、僕はすべてを失った。シドニー五輪もそうだし、足の感覚だけじゃなく、サッカーのイメージ全体が消えてしまった」
あれは悲劇としか言いようがない。
いつまでも小野伸二を見ていたい!
1999年。当時京都のアイフル本社で働いていて、同僚達と試合見てました。小野伸二の凄さは若い世代も知っておいていい
そうかぁ、小野さんは怪我だったのか。
小倉に磯貝にと当時最高の逸材と言われながら怪我にやられてふいにしてしまった選手はどうしても出てくるよね。切ない。/
あのタックルの瞬間まだ覚えてる。
あれさえ無ければ…って何度思ったことか😢
そんな状態でフェイエノールトでのUEFAカップ優勝ほかの活躍したのか。あらためて凄いと思うし、いまだJ1レギュラーのヤットの凄さも更に際立つ/
小野が坊主頭にしたのっていつだったっけ。
あのフィリピン選手は今も許せんわ。低レベルの相手と試合をすると、あーいう無謀なタックルとかしてくるから危険なんだよ。
小野は間違いなくそう、小野だけじゃない他にも大勢いる、小野伸二は本当に天才だった
僕の中で天才は小野伸二だけです。30を過ぎても第一線でプレーして随所に頭の良いプレー、予想もしてないアイデアでボールを巧みに扱う。出来るだけ現役を続けて欲しい。
→やはりあのケガが与えた影響は大きかったわけですね。あのタックルはスポーツマンシップの欠片もない最低なプレーだったもんな。
サッカー好きにはフィリピンは憎むべき国やな。日本から天才を奪った
本文最後のご自身の夢は、本人だけではなくて同世代のサッカーファン、皆の夢だと思う。これ実現して欲しいな!
小野伸二が天才でなくなった日。「あのケガで、僕はすべてを失った」|

「…同世代もまだプレーしている選手が多くいるし、ヤット(遠藤保仁)は常にスタメンで出ている。そういうのを見るとうらやましいし、すごく刺激になりますね」
小野伸二は、今でも天才だよ!
小野伸二は日本サッカー界の至宝やで。本当に。
あれ以降、"ガラスの"魔法使いになってしまった…。
日本人選手の中で「天才」って言えるのは伸二だけ。あのケガで変わったけど、天才はやっぱり天才。

未だに近いものを感じる選手は見てない…
フィリピン戦のあのケガはホントショックだった
同世代が頑張ってると何だか嬉しい。
サッカー選手の平均引退年齢は26歳らしい。
当時、あの怪我はファンにとっても相当、衝撃でした。それでも天才と言われ続けた小野選手、あの怪我がなかったらどうなってたのかと思ってしまいますね。

が天才でなくなった日。「あのケガで、僕はすべてを失った」|集英社のスポーツ総合雑誌
あのスライディング…
あの時の仲間はホントに特別なモノなんだね…(∗ˊᵕ`∗)
あの怪我がなければ中田と小野の中盤をもっと楽しめたと思う。
あのフィリピン戦の悪質タックル、田中達也に向けられた土屋征夫の悪質タックルは頭から離れない。
ホント、この怪我は普通に生活をしていても後遺症に悩まされますね。
あのケガまでの小野を観てればバルサ入りも出来ちゃうんじゃないかと思ったよね
日本サッカー史上、1番センスがあった選手だと思う。本当にケガが無かったらどこまでいってたんだろう。
あのケガさえなかったら…と、今でも思う
もっと見る (残り約58件)
 

いま話題のニュース

PR