TOP > スポーツ > 今井達也に見たクレバーさと変化。甲子園優勝投手から西武のエースへ|プロ野球|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

今井達也に見たクレバーさと変化。甲子園優勝投手から西武のエースへ|プロ野球|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

15コメント 登録日時:2019-04-06 08:01 | スポルティーバキャッシュ

「鬼門」ヤフオクドームでソフトバンクに開幕3連敗。昨季のパ・リーグ王者・西武は開幕カードに3人のドラフト1位投手を送り込んだなか、厳しい幕開けとなった。2カード目のロッテ戦では山賊打線が爆発して勝ち越したように、どれだけ打ち勝つ試合を増やせるかがリーグ連覇のカギになるだろう。「ウチにエースはいない」…...

ツイッターのコメント(15)

\甲子園優勝投手からエースへ⚾/

西武ライオンズの今井達也選手✨
2019年は1年間先発として投げ切りましたね👏🏻

今回は、ちょうど1年前に掲載された記事をご紹介します💁🏻‍♀️
今井の記事に割と長めのおつさんコメ、それはさておき(おくのか 紹介文の「エースとして君臨」に、ええと君臨言われるとなんか違うようななどと…w
細かい課題は沢山あるだろうけど、やはりコントロールと気持ちの面にも言える組み立て、という明確なものが分かってるし、そこさえある程度身につけば成績もある程度計算できるようになる位置に現状でいれることは、やはり素晴らしいと思う。さて今日はどうなるかな?
線は細いけどストレートの質はいいと思う。さらに磨きをかけて、ストレートで勝負できるピッチャーになってほしいな。
今井や多和田、光成、そして松本航がエース級に覚醒すれば、先発に関しては獅子投手王国復活に近づく‼️
早めに裏ローテの頭を任せて良いんじゃないかなぁ…🤔
それがさらなる成長に繋がるんじゃないかと。
今井達也に見たクレバーさと変化。甲子園優勝投手から西武のエースへ(webスポルティーバ)
由伸にも通じるところはあるんじゃないかな、大きくなるために必要なこと
今井の素質は背番号11の前任者や多和田より上。足りないのは経験と実績だけ!

今井達也に見たクレバーさと変化。甲子園優勝投手から西武のエースへ|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva
西武・今井投手に大きな可能性を感じるのは、感性豊かで、変化に前向きで、そうした蓄積したものを理論化できるところ。あとは実践ですね。本日の登板前にぜひご一読を!
クレバーなやつが未成年喫煙なんてすっかよwww
西口しゃん! >今井達也に見たクレバーさと変化。甲子園優勝投手から西武のエースへ(webスポルティーバ)
素敵な記事を見つけてしまった。

みんなが今井くんに期待してるんだ。今日の登板がするさらに楽しみに生った。
本当ですか ? まあ、信じましょう...。
果たして誰が菊池雄星からエースの称号を受け継ぐのか。筆頭候補は昨季最多勝の多和田真三郎だが、伸びしろという点で大きな可能性を感じるのが、高卒3年目の今井達也だ。
以上

記事本文: 今井達也に見たクレバーさと変化。甲子園優勝投手から西武のエースへ|プロ野球|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

いま話題の記事