「むしろ何の問題があるのか」。女子野球の監督がトランスジェンダー公表で予想外だった周囲の反応|高校野球他|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

ツイッターのコメント(13)

「何の問題があるのか」の中身が、
①性の越境など気にしない
②競技者ならともかく監督なら性別の問題はない
③MtFなら問題があるところだが、FtMなら特に問題視しない
のどれなのか気になる。
こういうのは、近年ハードルとか低くなってるけどダメな人はダメなんだよね。
そう人もフォローいるね。
「むしろ何の問題があるのか」。
女子野球の監督がトランスジェンダー公表で予想外だった周囲の反応

私の20代の女性現場マネージャーは「野球選手」でもある。
スポーツを通して、やはり「多様性」は日常として捉えていて、社会のあり方のアップデートを感じている。
埼玉栄出身か

» 「むしろ何の問題があるのか」。女子野球の監督がトランスジェンダー公表で予想外だった周囲の反応|高校野球他|集英社のスポーツ総合雑誌
JR貨物・東海支社長(現在は移動)の言葉、かっけー。

『一番はじめに何かをやる人間はしんどいことも覚悟する必要がある。でもその代わり、本当に自分が生きたいように生きることで、その道ができる』
ホルモン治療も合わないという場合もあるので、色々大変だろうなあと思います。
自分のジェンダーについてはクソめんどくさいので考えないことにしています。女子っぽいものを着るのは好きじゃないくらいなので。
「むしろ何の問題があるのか」。女子野球の監督がトランスジェンダー公表で予想外だった周囲の反応|「気になった事は女性だからピアノを習わせる?」ように書かれている事だけどジェンダーフリーはまだまだ遠いねぇ。
「どう向き合うべきか」って書き方がちょっとだけ気になる。
森大樹という人は頭が悪いと思います。
女の子っぽいものが嫌いで戦隊モノが好きだから男だという
きっかけは女子プロ野球リーグを退団し、クラブチームの創設に伴って、一般企業に就職したことだった。カミングアウトすると決めていたわけではないが、今後の人生を見据えて「環境が大きく変わる今しか言うチャンスはない」と碇は考えた。
✨掲載のお知らせ✨
以上
 
PR
PR