TOP > スポーツ > 東京都が五輪6施設の命名権売却へ 大会後の赤字改善に期待 - 産経ニュース

東京都が五輪6施設の命名権売却へ 大会後の赤字改善に期待 - 産経ニュース

5コメント 登録日時:2019-07-14 20:16 | 産経ニュースキャッシュ

2020年東京五輪・パラリンピックの開催を控える東京都が、競技会場として新設する「有明アリーナ」など6施設にネーミングライツ(命名権)の売却先を募集する方針を決…...

Twitterのコメント(5)

アクアティクスセンター、有明アリーナ、海の森水上、カヌースラロームセンター、大井ホッケー、夢の島アーチェリー、の6会場
都とは別に、新国立についても導入検討
「うち5施設は年間収支の赤字を想定しており」
オリンピック中止だ中止

- 産経ニュース
悪政が生む負担は、何時も住民悪例の典型か?:

- 産経ニュース
そんなんちょっとのカネが入ってくるだけだから赤字経営をどうかする対策にならないよ
大会関係者が働いて赤字を補填すればいい。

以上

記事本文: 東京都が五輪6施設の命名権売却へ 大会後の赤字改善に期待 - 産経ニュース

関連記事