TOP > 科学・学問 > special.sankei.com > 【正論】AIは先...

【正論】AIは先生に取って代われるか 数学者、国立情報学研究所教授・新井紀子 - 産経ニュース

14コメント 登録日時:2019-02-13 12:04 | special.sankei.comキャッシュ

≪「極論」が独り歩きしている≫私は2011年から「ロボットは東大に入れるか」という人工知能(AI)プロジェクトを進めている。そのためだろう。AIについて雑多な質…...

Twitterのコメント(14)

確かこの方は小学生にLSTを推奨されていた先生だったよね?あれは同感だったなぁ。確かに「0」と「1」の集合体であるAIが感情を持つと、先生にとって代われるんだろうが、そうなるとターミネーターの話になっちまう。  新井紀子
中共こっわ

>入試の英語のスピーキング試験のデータから普段の学習データ、さらには制服にICチップを埋め込んで生徒の活動範囲も監視し始めた
興味深いです。
現在のAIの延長線では確かにその通りだが、
技術的特異点を超えたときはどうなるか分かりませんよ
その頃までに中国が崩壊してくれればAIが平和的に利用されると思うけどね
中国では入試の英語のスピーキング試験のデータから普段の学習データ、さらには制服にICチップを埋め込んで生徒の活動範囲も監視し始めたそうだ。日本ならばプライバシーの侵害だろうが、中国ではそんなことは意に介さない
ーこの記事と年収800万~1500万の営業員や銀行員の失業予測とはどう接続するのだろうか。教育は別ということ?
この人の言う「AIは意味が理解できない」ってのがイマイチよく分からんのよね。
記事内容が
「AIは意味を理解できない」
の一点張り陳腐すぎてAIに仕事奪われますね!ご退職おめでとうございます!
てなった笑

構造はSaasサービスと近いんじゃないかな?
ツールとサポートする存在(それをCSと呼ぶか先生と呼ぶか)が目的の達成をサポートしてくれるわけで
先生がいなくなるのは懐疑的
その人の性格や癖を理解できるとは思えないです

その人をカテゴライズして傾向で学習させる

ただ私の隣の会社はAIで英語学習をしてるのでイノベーションが起こるのも事実

100年後はわからないですが

【正論】AIは先生に取って代われる
面白い。
ただ、この記事にたどり着いたのは、androidのお陰。新井紀子先生を追っかけている自分が監視されていたからに他ならない。
端末に自分を投影し続けることで、端末を通じて何者かに支配される時代はもう来ている。こわー!
新聞テレビのAIの話で、ぶっちぎりの一番!
最近のEdTechは「先生そのものをAIで代替する」のではなく,「AIに代替されうる部分をAIで効率よく終わらせる」ものが多いので少し議論がずれている気がする.
シンギュラリティは絶対に来ない。なぜならAIは「意味」を理解できないからだ。自分を自覚できるAIなど永遠に登場しない。

- 産経ニュース
産経新聞にて「EdTechの可能性と限界」について解説しました。本日、この論に沿って、自民党の自民党教育提言部会でもお話をさせていただきました。
以上

記事本文: 【正論】AIは先生に取って代われるか 数学者、国立情報学研究所教授・新井紀子 - 産経ニュース

関連記事