TOP > 国際 > 最大の懸念は中国、「防衛白書」に鮮明 影響力拡大を注視 - 産経ニュース

最大の懸念は中国、「防衛白書」に鮮明 影響力拡大を注視 - 産経ニュース

13コメント 2020-07-14 13:50  産経ニュース

令和2年版の防衛白書は、中国を安全保障上の最大の「強い懸念」と位置付ける現状認識を鮮明にした。特に尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺での活動に対する警戒と批判の表現を…

ツイッターのコメント(13)

その「執拗な中国軍船の動き」を
地上派TVで報道される事が無いのはなぜ?
>令和2年版の防衛白書は、中国を安全保障上の最大の「強い懸念」と位置付ける現状認識を鮮明にした
特に尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺での活動に対する警戒と批判の表現を強めた
少しくらい強めに行動起こしても良いと思いますがね...
データを纏めることも大切ですが...どこか歯がゆいですね😑
#中国
正しい現状認識は必要

令和2年版の防衛白書は、中国を安全保障上の最大の「強い懸念」と位置付ける現状認識を鮮明にした
北朝鮮の脅威は、目の前の脅威でしかなく、我が国にとって安全保障上最大の懸念は中国だ。膨張主義を日に日に拡大させる中国から、日本を含めてインド・太平洋地域をどう守るか。そこが一番の課題だ
一般世間に公開されている情報だけでも、事態は緊迫していると分かる。
このままでは尖閣諸島周辺で日中開戦かな。
河野太郎防衛相は14日の記者会見で白書について「尖閣諸島周辺の現状変更につながりかねない中国の執拗な行動について詳細に書いた」と説明
@Sankei_news 河野太郎には防衛大臣を辞めたあとも、この姿勢を貫きとおしてもらいたい
ことここに至っても、なお該方面におけるオスプレイ配備や陸自の島嶼展開に執拗に反対する勢力がこの日本にいることが全く理解できない➡️
口だけでなく、実効性のある行動も併せてお願いします。

- 産経ニュース
外相の時もそうだが、こうの大臣はどこ行っても良い仕事するね!
コロナウイルスはそもそも中国から始まったしあいつらその責任を取ろうとしないからな、それに尖閣諸島侵入は中国の侵略行為このタイミングを狙ってきてる、もうさっさと中国船沈めろあとマスコミはこれをテレビで報道しろ!
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR