【野党ウオッチ】立民揺さぶる“山尾の乱” 党内の批判勢力を糾合する可能性も - 産経ニュース

立憲民主党の山尾志桜里衆院議員(45)=衆院愛知7区=が18日に離党届を提出し、党内に衝撃が広がっている。山尾氏は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための特別…

ツイッターのコメント(23)

山尾の毒が日本をターゲットにする「日本死ね」は嫌だが、立憲民主党をターゲットにする「毒をもって毒を制する」は良いかもw
ガソリンのプリペイドカードはもう使い切ったのかな?

:山尾氏は、もしも自分が政権にいて法案提出の立場でも、国会事前承認必要との法案を提出するか。立場が変われば不要と自分に都合の良いような理屈をつけるのではないか。
単なる の願望
┐(´∀`)┌ヤレヤレ
不倫おばさんのイメージを掻き消すチャンスとみたんだろ、どうでもいいが。
まぁ、この方、口では立派なこといっても、公私ともに自分の行動となると、日頃の威勢のいい主張とは裏腹なことが目立つワケで…w。

- 産経ニュース
不倫女が「法の支配」をかざしても説得力ねえわ。
自民党内でも、こういう動きが起きないとおかしいんだけどね。
◎まともな政治家として、勇気ある女丈夫ですね〜
立民揺さぶる“山尾の乱
⏏️
これに関しては、山尾に一理あり。 立憲とは憲法は未来永劫変えてはならないという事ではなく、本来の意味は憲法に基づく(当たり前だが・・)政治という事だ。刻々変わる世界情勢の中で現実に即した憲法に変えるのは当たり前。🇯🇵
 

 
PR