TOP > IT・テクノロジー > ベテラン技術者が新しい環境で大失敗した話 - Speaker Deck

ベテラン技術者が新しい環境で大失敗した話 - Speaker Deck

30コメント 2021-02-21 08:49  Speaker Deck

ツイッターのコメント(30)

カーネルに詳しいベテランでも他分野では未経験という実体験。 /
- Speaker Deck
畑違いの辛さ、わかりみが深い…
わ、わわわわわかわかり、、、
年齢だけくっていてできる技術者ではないけど、すごいわかる。
お疲れさまでした。慣れない環境や技術で稼働が少ないとうまくワークしないのは結構聞きますね
自分が、年齢とは関係なく「ベテランなのか」は怪しいもんだが…

これを読んで「全然人ごとじゃねぇ!」「やばいやばいやばいやばい!」と思った。

これを読んだことを糧に、自身に活かして行きたい。
ベテランでなくても貴重な話でした。
スライドにあります教訓の、『コミュニケーションが苦手なのと、コミュニケーションしなくてよいのとは別』が刺さりました🔪
ベテランでも新しい環境では失敗するんですね😅

自ら行動して情報を取得しに行ったり、コミュニケーション取りに行く事の重要性を再認識させられました‼️
リモートワークで同じような状況になることあるだろうしサポートは手厚くしてく意識を高めよう /
未経験分野だと1つでつまずいて止まると全てが止まるし、コミュがとれないと誰にどう頼っていいか分からなくて悪い影響が連鎖する。
私も何度か転職しているけど、もしあの人がいなかったら、もしあそこで相談できていなかったらと思うとゾッとするというのはある。
URLがカナとピンイン混じりで面白い
とにかく最初は掛けられるだけの時間をかけていかないとな
かなり共感できる。特に「慣れない分野に戸惑った」と「人との比較をした」。この2つはセットとも思えた。慣れない分野に戸惑うから、慣れている人と比較してしまい、余計に戸惑う、みたいな。
「k8s未経験だったがすぐにキャッチアップできるだろうと高をくくっていた」
いま完全にこれになってる
リモートワークな弊社に、よく中途で人が入ってくる。新メンバーのオンボードにすごく参考になる。疎外感を払拭するためのコミュニケーション。
わかりみが多すぎる /
テクニカルスキルじゃなくてエンジニアリングマネージメントが大事って話し
今の僕が参考するべきことが書いてある
いい話…自分もなんとなく経験のある話だったので、強い人がこれを出してくれるのは心強いというか安心。
技術者じゃなくても新参者じゃなくても大事な話。自分も結構過信しがちなので気をつけないと|
気を付けたい。
・コミュニケーションが苦手なのとコミュニケーションしなくてよいのとは別
・ある分野で実績があっても、他の分野では素人に過ぎないという認識が必要
・大言壮語はするものではない
・失敗を失敗と認識して自省すれば歳を取っても成長できる
当たり前だけど、学習の伸びは時間に比例するんだよね。
「最初から定例会にも望んで出なかった」というのはすごいな。
チーム運営としても知見になる。色んな人がいる中でみんなが上手くやっていくためには色んな事例を知っておく必要がある。
“成功しているように見える人も失敗続き” というのが実は一番示唆があると思った。

・たくさん失敗する行動量
・適切なメタ認知を伴う振り返り
・コントロールすべきことにフォーカス
・習慣のアップデート

は、環境変化に適応して成果を出せる人の共通項
うーん、働くのは大変だ
K8s。本当に難しそうだなぁ。
わかる。ベテランになると雑談の輪に加わりにくくなるし、孤立感を深めやすい。リモートの影響もある。失敗の経験を活かして発表してるのすごい。

- Speaker Deck
サイボウズに入社して三年近く経って、次期インフラのストレージ基盤を作ったりRookのメンテナになったりとバリバリやってそうな私が入社してしばらく、実はあんまりうまくいっていなかった話について振り返りました。ご笑覧あれ
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR