TOP > 科学・学問 > SFさながらのスペースコロニーを準惑星「ケレス」上空に建設する計画 最大収容人数は世界人口の約1万倍! | sorae 宇宙へのポータルサイト

SFさながらのスペースコロニーを準惑星「ケレス」上空に建設する計画 最大収容人数は世界人口の約1万倍! | sorae 宇宙へのポータルサイト

28コメント 2021-01-27 18:09  sorae.info

フィンランド気象研究所の宇宙物理学者であるPekka Janhunen氏が、火星と木星のあいだに広がる小惑星帯(アステロイドベルト)にある準惑星「ケレス」に人類を入植させる新しいアイディアを展開しまし...

ツイッターのコメント(28)

ガンダムの世界だ😲
これはすごい発想ですね。
“巨大な円盤の表面に直径2km、全長10kmのシリンダー数千個を相互連結させる”(本文より引用)
やっと、僕らの21世紀が来るのかな。(^^)
こういうの大好きです。
そのまんまじゃないか。
シリンダー型コロニーだ😃
小惑星帯よりもラグランジェポイントでいいんじゃないの(ガンダム脳🧠
🛰なかなか夢がある →
ガソダム・・・!再現は移住まででお願いしたいなぁw落とさないでねw
ほら地球の周りにコロニーじゃ無いやんw
浅学にしてケレスという星を知らず、ググると…は?火星と木星の間⁉︎。
スペースコロニーは地球上から見えるのがいいなあ。
それでガンダムとは真逆に恵まれた富裕層が住む。
アタシらは暁と黄昏時、太陽を反射して天に輝くコロニーを「オラも連れて行って下せ」と拝むと。
ん-、やっぱシリンダー系のコロニーって重力をえられるのか?が気になる。可能なだけの遠心力を得るためには相当な直径か速度がないとだめで、これは建造の難易度と、生活しにくさになってダメなんではと思うんだよね。
スペースコロニーって夢あるけど、実際に住むとなると、固定資産税や修繕積立金ガッポリ取られそうだし、コロニー内で働きながらローン返していくのか?って考えると夢が無いね……
金持ち向けのリゾート地か、観光地しか使い道無さそう。
で、何時頃コロニー落としが出来そうなんでしょうか?(そわそわ
民族・宗教が異なる人達を収容出来るのかな?って思った
逆に同じ人々を収容しても多様化が失われいい事無い気がする
問題は誰が金を出すのか
最後は核パルスエンジンつけて地球にドーンですね。わかります(>_<)
> 直径2km、全長10kmのシリンダー数千個

オニールシリンダーを大量に連結させたイメージ?単体で飛ばしとくんじゃ駄目なんだろうか?
シリンダー数千個...制御棒ですか? -
宇宙へのポータルサイト: SFさながらのスペースコロニーを準惑星「ケレス」上空に建設する計画 最大収容人数は世界人口の約1万倍! | sorae 宇宙へのポータルサイト.


次のガンダムの敵勢力になりそうな
ガチのガンダムだ。/
元のオニールタイプのコロニーより小さい代わりに大量建造すると
こういったスペースコロニーで問題になるのは隕石などの飛来物ですが、それらから守りつつ生命を育む大気の存在などを改めて考えると、自然は本当によくできていると感心しますね。
確かにケレスには水も有機物も確認されてるから資源的には有利かも。
けど、このシリンダーどうやって回転させるんだろ?
おお、まんまガンダムに出てくるコロニーじゃないか
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR