TOP > 科学・学問 > ガンマ線バーストの観測結果が一般相対性理論の正しさを裏付け | sorae 宇宙へのポータルサイト

ガンマ線バーストの観測結果が一般相対性理論の正しさを裏付け | sorae 宇宙へのポータルサイト

10コメント 2020-07-12 20:42 | sorae.infoキャッシュ

日本時間2019年1月15日、南天の「ろ(炉)座」の方向で「GRB 190114C」と呼ばれるガンマ線バーストが検出されました。今回、このガンマ線バーストの観測データをもとに、アインシュタインの「一般...

ツイッターのコメント(10)

いい加減、綻びを見せて欲しい。
ローレンツ不変性の破れ
大気チェレンコフ望遠鏡 MAGICによる観測。MAGICって知らなかったけど、なんかすごそう。
【引用】およそ45億光年先で発生したとされるGRB 190114Cの観測データを研究チームが詳しく分析したところ、ガンマ線が到着する時間にはエネルギーに依存した変化がみられず、前述のように光速度が真空中では一定であることを示す結果が得られたとしています
うわべのうわべしか理解できない悲しさ…
相対性理論、ガンバ線バーストより 立証(@_@;)
「一般相対性理論の正しさを裏付け」はまだニュースになるが、「ニュートン力学の正しさを裏付け」「電磁気学の正しさを裏付け」はニュースになり得ないし、「量子力学の正しさを裏付け」についてすらもうなりにくいのだよな。
研究室時代を思い出すワード
以上
 

いま話題のニュース

PR